« 千葉中央鑑定団 | トップページ | 遠距離侵攻呑み会 »

2004.07.29

「らいさんだー」 「うえすとらんど らいさんだー」(某SFマンガ風に)

 またぞろ英国病が再発したので、しばらく放置していた(ていうかほとんど放置してるんだが)キットの箱を開け、仮組みしてみた。

レシプロ、固定脚、翼柱、これぞ飛行機よ!
 飛行機プラモの大御所、名門Airfix社の1/72 ウエストランド・ライサンダー(1/72)であります。まあ、古いキットだけどね

武装パイロンは未装着。翼柱の長さが足りないような?
 「鷲は飛び立った」「双生の荒鷲」など、ジャック・ヒギンズ作品で大活躍の機体。

タイヤは塗装し、脚カバーは接着済みです
 パーツの精度はイマイチですがスタイルはなかなか良好。
 オレのように切ったり削ったり磨いたりと言った作業が好きな人なら作り甲斐ありそうな?

 カウリングとかコクピットとか、手を入れるべき所は色々あるんだが、ここで最初に妥協点を決めておかないといつまでたっても完成しないのですよ~。

<作業項目>
 ①脚柱の機銃口を開口
 ②胴体の羽布張り部分にある謎のモールドの修正

<不作業項目>
 ※パネルラインは彫り直さない
 ※リベットも打ち直さない

 とりあえずこれは決定としてあとはどうしようかなっと。
 仕様もどうするか。ありがちなフィンランド空軍か、キットにデカールが入ってるSOE(特殊作戦部)、すなわちテンプスフォドの特殊任務中隊所属機かなあ。
 でも、下半分真っ黒の英軍機ってあまし好きじゃないのよネ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/1104745

この記事へのトラックバック一覧です: 「らいさんだー」 「うえすとらんど らいさんだー」(某SFマンガ風に):

コメント

ライサンダー、カコイイですな。
エアのこのキット、探しているのですがどこにも売っていないのです。
こんなディティールなのですね。作りたくなってきました。

投稿者: 牧師 (Aug 7, 2004 2:06:39 AM)

 コメントありがとうございます。恐れ入ります。
 このキット、ワタシは今年の初春に購入しました。
 確かに1/72ライサンダーはほとんど見かけませんが、最近のエア製品の箱でしたので比較的最近再生産された物だと思われます。
 ワタシももう一と箱買っておきたいのですが…

投稿者: Dunna (Aug 9, 2004 10:51:46 PM)

コメントを書く