« 遊んでばかりいるようですが | トップページ | 是非ImpressTVで放映を »

2004.08.22

世界のプラモショー:ゴーストファイターFM-2

かわええですのう
 …なんだって?スティーヴ?おまえ「米軍は作らない」とか言ってなかったかって?
 いやだねえ、南部の田舎モノはこれだから。これは米軍じゃないんだよ、ゴーストファイターだって言ってるだろ。
 米軍機じゃなくて、コンフェデレートエアフォースなの!

 …ということで、SWEETの1/144「ゴーストファイターFM-2」であります。
 もちろん、マートレットⅣを作るために買ったんですよ?
 模型関係のネタが増えてきた中、完成機がないのはちと寂しい、というもので、急遽「一晩で一機こさえ」プロジェクト始動です!いや、ライサンダーは心底楽しんで作ってるのですぐ完成しなくてもいいんですがねえ。

 今回は不真面目な作り方なので英軍機にはしません。
 このキットは筆塗り派には鬼門のシーブルーとグレーの成形色各1機分ずつパーツが入っておりますが、グレーのランナーはマートレットのために取っておきます。また今度。 

 さて早速かかります。不思議と涼しい夏の夜にチャットなどしつつ相手のおにゃのこ達にパケ写など見せてウケを取りつつ、プチプチと素組みで組み立てます。パーツ数が少ないのですぐ進みます。
 ランナーのレイアウトがよく考えられているので、脚部とかも切る前に塗りとか出来て大変楽。ガンダムマーカーなども使いつつ一気こさえです。グロスシーブルーの成形色に手を焼きつつも、まあ適当に筆でペタペタと。

 …さて、接着剤の乾燥とか塗料の定着とか時間をかけますが、その間に

 ミディアムブルーの瓶を倒すという大惨事が

 しかも乗らない黄色にイライラしつつ塗り分けたプロペラの上に!
 
 (゚Д゚)ウボァー

 (CM後)
 ハハハ、OKOK。まあ、よくあることさ!
 気を取り直して!
 「スティーブ!組み上がったの持ってきてくれ!」
 ハイ、デカール張りの段階まで到達しましたね。墨入れはコミケ会場でテスト販売されていたコピックマルチライナーセットから、0.03のセピア?を使いました。

パッケージは要りませんが
 デカール張りに使っている資材を取りそろえの図。

当分キャノピーは塗りたくないでしゅ
 いかんせん機体自体が小さいので、作業性を考えて主翼は後付にしました。思えば尾翼も後付にしておけば良かったですな。

デカールつまむのに最適
 これがうちの秘密兵器、ボークスのドール用ピンセット。
 本来ドールの睫毛を付けたり髪を押さえたりするモノなのですが、プラモにもバッチリです。
 ハセガワトライツールとかより安いですしね。
 他にもドールの世界にはプラモデルに役立つマテリアルがイロイロありますので、追々紹介しようかと。

 ということで、完成~
うは!すごい密度
 うーむ、侮りがたしSWEET。
 残りの一機分もFAA色でちゃんと作ってみようかしらん。

1/144はやはりちいさーい
 大きさ比較のため、イロイロ置いてみました。

 それでは、お客様をお呼びして…あ、そこのお嬢さん!あなたですよ!
 どーうですか、この機体?
 「あはは、背中のアンテナ挿し忘れてますよ?」

 しまったあああああ

琥珀さんも満足のご様子です
 では、また来週^^
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/1249760

この記事へのトラックバック一覧です: 世界のプラモショー:ゴーストファイターFM-2:

コメント

144なんて、よくチャレンジされますねぇ。私は、視力も指先もついていけず、このスケールはあきらめの境地です。

ところで、コピックの製品、最近モデラーの間でも注目されているとのこと。使い勝手、いかがでしたか?

投稿者: Kazu (Aug 25, 2004 6:39:38 PM)

 コメント遅れてすみませんです。
 1/144位になると、手を入れるも何もないので素組で済みますから却って気楽でイイですよ。細かいのは辛いですけれどね。

 コピックで墨入れというのは、幼い頃にやったサインペンで墨入れに通じるモノがあってなかなか楽しいです。
 はみ出しは専用溶剤ペンで拭うことになっておりますが、私はハンブロールのエナメルシンナーでキュキュッとやってしまいました。

 私はここ数年仕事でフツーのコピックを使うようにして少しずつ集めているのですが、これででモットリング迷彩など出来ないかと考えておるところです。
 ただ、先が広幅のコピックは透過色な上に、もう一機のマートレットで試してみたところふれこみとは違ってやはり塗装面を犯さずにはいないようので、使い方と色調をよく考えて描かないと難しいかと思います。
 この先研究成果が上がるかどうかはまだ微妙ですね(笑) 

投稿者: Dunna (Aug 30, 2004 11:14:43 AM)

パッケージのあまりの可愛さについつい買ってしまう
SWEETの模型群ですが、1/144スケールはやはり手先の
細かい作業が大変ですね~(;´Д`)
いろいろ参考にさせて頂きます。
どうもありがとうごさいました(=^0^=)

投稿者: うーふー (Jun 25, 2012 10:27:02 AM)

コメントを書く