« 模型ブロガーな人々に捕捉されました | トップページ | 盆休み最終日 »

2004.08.16

お盆明けのライサンダー

作業BGMは「はるおと」サントラでございます
 今はこんな状態です。別にこのようなモノの上で制作してるわけではありません。もちろんガチャピンも何ら関係ありません。

 ライサンダーは構造上なかなか士の字形に出来ないのでフラストレーションが溜まりますが、機体内部を塗装したらいくらか癒されました。インテリアグリーンは塗っていて最も楽しい色ですね。

拡大写真でないと分かりづらいかも。深彫りしすぎかな?
 予告通りカウリング周りのディテールアップに入ります。
 つるぺたなカウリングにコレクターリングとの境界を筋彫ってみました。フリーハンドなので微妙に曲がってたりしますが。ブリストル系エンヂンの特徴である集合排気管は削り取ってしまいました。あとでエポキシパテか何かで細工します。9つのコブとパネル分割線も細工してやらないと。
 エンジン本体をどういじるかをWarpaintのグラジエーター(同じマーキュリーだから)を見つつ検討中。
 
高翼機だけに難しい
 これ、上下接着して前縁を磨いた主翼なんですが(当然後縁を薄く削ったりはしない)、胴体との接合部はどんなラインで整形すればよいのか、主翼前縁スラットのラインはどうなっているのか。amazonでライサンダーの資料書(と思われる洋書)を頼んでるのですがナカナカ来ないんですなあこれが。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/1209643

この記事へのトラックバック一覧です: お盆明けのライサンダー:

» 1/72の輪-その8 [Aviation Flashから]
以前、AVRO牧師さんからもお知らせいただいていたのですが、エアフィックスのライサンダーに取り組んでらっしゃる高城"Du 続きを読む

受信: Aug 17, 2004 12:33:19 AM

コメント

アマゾンでもウォーペイント扱ってもらいたいですね。
私はイギリスのハナンツをよく利用しています。
日本で買うより1冊あたり1,000円から2,000円安いです。
先日ここで4+のライサンダーを注文しました。7.3ポンドですから1,500円位でしょうか。
4+のウェッセクスを所有しておりますが、内容はウォーペイントに少し似ていますが細部写真満載であります。
送料安くするため船便にしたので届くのは1ヶ月後くらいかもしれないので、接合部の詳細をお伝え出来なくてスミマセン。

投稿者: 牧師 (Aug 17, 2004 12:10:56 AM)

Dunnaさま、はじめまして。牧師さまの所から飛んでまいりました。ドカ山と申します。宜しくお願いいたします。
ライサンダーとは渋いアイテムですね。変わった形してるので、作る楽しみはメジャー機に比べて数段上かと存じます。
ゴリゴリ切ったり削ったり、私の製作スタイルと似ていますね。(うふっ♪)フリーハンドのスジ彫り、私もたまにやります。テンプレート使っても結局曲がるので、息止めて彫ったる!ってトコです。

投稿者: ドカ山 (Aug 17, 2004 10:35:02 PM)

勝手にトラックバックさせていただいたKazuです。
はじめまして。
フリーハンドのスジ彫り、その超絶テクをブログでもご紹介ください!

投稿者: Kazu (Aug 19, 2004 2:07:41 PM)

 コメント、トラックバックなど頂きましてどうもありがとうございます。
 返事は遅くなりましたが、皆様の目があると言うことが確実に励みになっております。
 と言うわけで早速筋彫り行程もアップする運びとなりました。

 模型は切ったり彫ったり削ったりが一番楽しい、塗装は鬼門、というワタクシですが貴重なキットをプラ屑に変えないよう、頑張って完成したいと思います。

投稿者: Dunna (Aug 22, 2004 12:39:06 AM)

コメントを書く