« これなんですか | トップページ | 8月中旬の行状を補完しました »

2004.08.19

読者に牽かれてライサンダー作り

 エバグリの1mm角棒を買ってきました。これで機内のフレームが作れます。
 風防内部にも主翼を支えるためのフレーム(兼ロールバー?)があるので、これは作ってあげないと。
 場所によっては塗装でごまかせるところもありそうですけどね。野原茂さんの本を読んで思案中です。
 模型作りは、こういう時が二番目に楽しいのですよ。一番楽しいのは切ったり削ったりしてるときですが。
 
 で、切ったり削ったりする今日のネタですが、どうも「フリーハンド筋彫り」が現実以上の反響を読んでしまってるようなので…
 ワタクシの言う「フリーハンド」というのはテンプレートやガイドを使わない、刃物と素材のコンタクトのみで行う筋彫りと言う意味でありまして、理屈としては刃物の剛性を利用して直線を出す、という手法です。

刃はこまめに替えるが吉
 使っている道具はこれだけです。
 丸刃のデザインカッターと、ハセガワトライツールのエッチングソー。今のところこの直線刃と、雲形一個しか切り出してません。

 さて、ライサンダーの胴体後部のパネルラインを彫り直してみます。
 基本方針としては、羽布バリとの境界線は凸のまま残すこと、リベットはとりあえず残すこと、です。リベットを打つのは、失敗してぺーぱーがけの憂き目を余儀なくされてからでもいいわけですし。
 (追記:よく考えたら脚部のリベットは打ち直しているので、結局胴体のリベットも打つことにしました)

 まず、モールドを浮き立たせるために、周辺にテキトーに色を付けます。ここではそこら辺にあったコピックの赤で塗りたくってます。
 その後、凸モールドを、周辺のリベットを一緒に持って行かないように気をつけながら慎重に削り落とします。この場合完全に落とさなくてOK。赤くなった中に白く凸モールドのあった場所が浮き上がればいいわけですな。
ハンブロールの缶はこの撮影のためにあったんですねえ
 この場合、中央に縦のパネルラインがありますが、その前の部分は削り落とした後、それ以後は未加工です。

 その後、デザインカッターで、ラインにそって一本切れ目を入れます。これがガイドの役を果たすことになります。コツとしては、出来るだけ短く持って押すように切ることと、切っ先を使わずに丸刃の腹を使うようにすること。
 切っ先が点なのに対して、腹を使うとスケート靴のように刃先がある程度の直進性を持つようになります。

 切れ目を入れた後、機首側から尾部に向けて動かすようにしてエッチングソーを当てて掘って行きます。

ケバ立ってますが、割とまっすぐできました

 これが完了状態。均一とはとても言えませんが、表面を処理してやればそれほど気にならなくなる…かな?

 どうも上手く表現できませんが、小さな刃物を短く持てば持つほど位置決めが正確になりますし、エッチングソーを使うときの力のいれ加減によっては、上手にガイドラインをケガくことで勝手に刃が曲がって曲線も自然に乗っていってくれる場合があります。
 ワタクシは細く深く彫るのが好きなので、エッチングソーは手の合う道具といえます。

 …果たして参考になりましたかどうか。
 次回はカウリング・機首周りです。
 実は機首部分も勢いで彫ってしまったのですよ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/1232313

この記事へのトラックバック一覧です: 読者に牽かれてライサンダー作り:

コメント

ども、Kazuです。

う~む、超絶テクニックですな…。
丸刃のデザインカッターとエッチングソーだけで、スジ彫りができるとはオドロキです。

私はスジ彫りが苦手で、大抵彫った線が曲がるので、どう定規を当てるかでいつも悩みます(で、結局、彫らないことが多い)。

いや大変参考になりました。しかし、実践するには相当修行が必要そうですね(汗)。

ということで、Dunnaさんを、「超絶スジ彫り師匠」様と呼ばせていただきます(笑)。

投稿者: Kazu (Aug 20, 2004 6:37:56 PM)

 Kazuさん、私の筋彫りも得てして曲がっています(笑)
 埋めて彫り直しもしょっちゅうです。
 エアフィックスのこの時期のキットはプラが柔らかくてサラサラと彫れますよ。失敗したときのすっ飛びもすごいですが(笑)。
 暴走はみ出しに備えて溶きパテは欠かせません。瞬間接着剤だと堅すぎて彫り直すときにやりにくくなります。

投稿者: Dunna (Aug 22, 2004 12:47:36 AM)

コメントを書く