« がっちょん | トップページ | おっとっと »

2004.08.27

零戦二一型@河口湖自動車博物館

 本日は、夏休みとして許された休日割り当て最後の一日。
 平日に休むというのは何ともえもいわれぬ心地になるモノで、一日だけポツンと八月末の金曜日に設定した訳だ!いや、ワケです!
 そして今、表題の河口湖自動車博物館という場所で、かの零戦、英語で言うとゼロファイターが八月末日まで復元公開されていると言うではありませんか。これは行くしか、ということでここの人を誘って行ってキタヨ。

 朝の10時頃、何故かなかじーを行徳で拾って川口へ。中央環状線がえらく混んでて往生するモノの、何とか紆余曲折の末午後になってようやく中央道に突入。Dunnaの車には専用カーナビついてないので、渋滞情報はわからんのだ。
あっさりめの東京風
 とりあえず空腹になったので、談合坂ラーメン。

結構本格的ですぞ
 カレー好きの人はこんなゴージャスメニューを。

 そして、やってまいりました河口湖自動車博物館!

 ここか!コンテナの上に無造作にセイバーさんが!


040827c 040827f

 そして、奥の方には無造作にカーチスC-46コマンドゥが!

040827d040827e
040827g040827h

 本館の門の上にはマルヨンが!
腑は抜かれて屋内展示

 うわー(´ー`) ポワワワワ

 …っとしとる場合ではありません!零戦ですよ零戦

 零戦があるのは本館ではなく、どう見ても倉庫(格納庫と言おう)みたいな建物、飛行館。

 秘宝館じゃないぞ!

 ハッハッハ!これが、ブロンソン・ジョークだ。失敬!

 …などとバカ話をしつつ、拝観料入館料¥1000を支払って中へ。
 復元の経緯を記した同人誌記録写真集「零戦よ蘇れ」¥1000も買いましたよ!
 館内で童友社の零戦プラモも売ってましたが、何故童友社?

 ということで
zero1

 キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

 撮ってきた写真の数々(マウスを乗せて説明をお読み下さい)であります。
 (ここの写真はちょっと待って下さい)

 もう、お腹一杯であります。
 しかし、零戦にせよ赤トンボにせよ、本物の飛行機って言うのは大きいです。
 一式陸攻なんか、確かに人間が胴体の中歩けるんですものねえ、当然でかいわな。
 以前にモリナガ・ヨウ先生が「1/35の迷宮物語」でおっしゃってましたが、1/35の模型ばかり作っているとそれが実物大みたいに思えてきて、現物の大きさを見失ってしまうという、その気持ちが分かりました。
 実物に比べると、トランペッターの1/24なんか小さい小さい!だからといって作る気はないがw

 そして屋外展示機

040827j040827k
040827l040827m

 いかん、T-33作りたくなってきた(T-33なのね)

 さて、零戦で心を満たした後は肉体の方も満足させねばということで、御坂峠を越えていつぞやのほったらかし温泉へと向かいます。

 到着時にはまだ日は暮れていなかったのですが、ひとしきり湯につかった後、板張りのテラスでバカトークなどしているうちに日没。
 風呂の中から甲府盆地の夜景が眼下に広がります。視野120度以上、コレを見るためだけでも来る価値はありますぞ!

 風呂上がりには例によっておでんと温泉卵揚げ。( ゚Д゚)ウマー

040827n040827o

 まったき安らかな気分になって東京へ戻ります。渋滞を避けて首都高に進まず、そして小腹が空いたので四谷の「板垣」で夜食。これまた ( ゚Д゚)ウマー

 日帰りに渋滞とか、ちょっと強行軍で疲れましたが夏の終わりを飾るよい旅でした。あとはワンフェスですな。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/1314769

この記事へのトラックバック一覧です: 零戦二一型@河口湖自動車博物館:

コメント

コメントを書く