« 漬け物作り | トップページ | ワシも模型ブロガーを探してみた »

2004.09.14

生産工程のコンテクスト

 公開することによるモチベーション維持と現状の把握のため、今手を付けてるモノの進行状況をまとめてみたじょ。

エレール(中身はエアフィックス)1/72 ホーカー・ハリケーンMk.Ⅰ
 コクピット・胴体内部をドイツレベルMkⅡB用のサードパーティエッチングパーツを流用して加工済み。
 ただし左右は貼り合わせてない。
 シーハリケーンコンバージョンキットを見つけたのでMkⅠBにしようと思っていたが、実にナイスな出来のドイツレベル製シーハリのキットを発見してモチベーション低下。
 エアロマスターのFAAデカールで仕上げる予定。

エアフィックス1/72 ウエストランド・ライサンダーMk.Ⅰ
 資料はほぼ揃った。
 胴体の筋彫りはあらかた完了。コクピット内を作らないと左右が貼り合わせられない。
 カウリングはまだ手を付けていないが、主脚・主翼はほぼ完成している。
 主翼の動翼加工・削り込みが楽しい。どこまでやるか。
 イースタンエキスプレスのキットから剥いだデカールでフィンランド軍機にする予定。
 …てな感じでノリノリで製作停止中。
 これはどんなに中断してもいつか完成する気がする。

フジミ1/72 愛知飛行機 B7A2流星改
 艦爆艦攻魚雷祭り参加機。
 特段の資料はない。箱絵のテイストを大事にしたい。
 スケビの艦攻特集に出ていたハセガワ1/48の製作記事と、昔のモデルアートに出ていたハセガワ1/48天山の製作記事と同じく天山の説明書を見て作るつもり。
 まず、九一式航空魚雷が完成。弾頭は赤、胴部は銀でいいのかどうかは知らないが、カッコイイのでコレで行く。
 どうせコクピット内は見えないのでとにかくコクピット色で塗りたくり(←正確な表現)、胴体の左右を接着、乾燥中。
 主翼の貼り合わせ完了。前縁を磨いた後、筋彫り復活作業、ほぼ完了。
 右翼を作業中、接着面がパキッと割れました。
 左翼の作業中にもパキッと割れました接着面が。

エアフィックス1/72 アームストロング・ホイットワース シーホーク
 長いこと削って彫って磨いてばっかりいる機体。
 資料はない。エアフィックスを信じる。
 主翼・エンジン部の筋彫り・表面仕上げ完了。
 機体内部の塗装完了。胴体左右貼り合わせ完了。
 尾翼の加工完了。胴体の筋彫り直しはまだ。

バンダイ1/144 HG ジム・スナイパー
 パーツごとの張り合わせは終わっているが、塗装の途中。いわゆるバラバラ死体。
 ロシアングリーン(1)で塗ってみたら明るすぎてやる気を失った。
 先に濃緑色で塗ってからロシアングリーンでドライブラシすべきだったと思う。

ボークス 1/6相当 ドルフィープラス5番ヘッド仕様
 頬桁と目尻を削り込み中。裏側をルータで削らんといかんのが面倒くさくて進んでいない。
 服はシュナイダーを奢るつもりだが、当分先だろう

GSIクレオス ノンスケール ピンキーストリート改造のお姉さん
 エポキシパテ盛り完了、上半身ディテールの概形はできた。
 もう少しスカートを延長する必要があるようで。

ピンクカンパニー ノンスケール Meたんフィギュア未塗装キット
 目だけ入れた。よく見たら台座が入っていなかった。
 でも価格は塗装済みと一緒。
 腑に落ちない。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/1434840

この記事へのトラックバック一覧です: 生産工程のコンテクスト:

コメント

コメントを書く