« 初荷 from Amazon.com | トップページ | PC組み直し »

2005.01.09

キーストーン再訪&ウラワミンスター大聖堂参詣

 本日は彩の国はロンドン市に日帰り旅行でしたよ!
 AVRO牧師様に、行きつけの喫茶店「珈琲ルンバ」に連れて行ってもらいました。どうもありがとうございました!ピラフが美味しかったです。
 今度第二書斎にもご案内しようと思います。以上!

 …ではなくて!

 今日は埼玉国のモデラーの牙城とも言うべき「キーストーン」に二度目の侵入です。
 会合点を「東浦和駅」と指定されていたにもかかわらず「東十条」駅でボケッと待っていたワタクシを30分も待ってくれた牧師様には大感謝です。待ち合わせ時間前に自力で気づいてなかったら危ないところでした、きっと。


 さて、キーストーンですが、相変わらずスゴい鍾乳洞っぷりでした。店がまた狭くなったのか私がまた太ったのかはともかく、コートと上着を脱いでなお、下の方の在庫を見るためにはその場に居ながらにして側転する必要がありました。両手にキットの箱を持ち、妙に平面的なムキムキマン体操のごときポーズを強いられたボクはギリシャ彫刻のモデルか何かになったような気分でありました。

で、査収物ですが、

Matchbox 1/72 Curtiss SBC-4 Cleveland Ⅰ
パケ絵はUSSレキシントン搭載機。だから売れなかったのだと思います(ぉRAFでは練習機なので下面は黄色です マッチボックスのカーチス・クリーヴランドMk.Ⅰ(笑)はまださほど入手困難な品ではないのですが、ワガハイ昨年末からマッチボックスがマイブームなのでとりあえず押さえておきます。ピンバイスさんにあったヤツ売れたっぽいし。
 箱はまだ開けずに置きますから中身はお見せできませんが、エレールの方が出来も味も上であるかと思います。クリーヴランドとしてはもちろん、あちらにもヘルダイヴァー仕様のマーキングが用意されてますので作られる方はそちらをお勧めします。フランス仕様ですが。

Marivox 1/72 SAAB B17A/B/C
私的には箱絵下の機体がメインですデカールはテクモッド。綺麗です こちらはマッチボックスならぬマリボックスのサーブ17です。
 千葉県の某店で以前売ってあって、その法外な値段に存在を忘れることにしていたのを思い出しました。
 1/72としては大きめなパケですが、スウェーデン機としての陸上機・水上機仕様の他、デンマーク・フィンランド・エチオピア(使ってたのか!)の豊富なマーキング、車輪以外にスキーとフロートの部品も入った楽しいキットです。
 パーツの表面はちょっと磨きが足りません。VISTA/SMER/レベルのフルマーと似てます。透明パーツも微妙に曇ってますが、制作される方は寒い北欧ではガラスが曇りやすいと言うことで気にせず行きましょう。
 

Williams BROS. 1/6 Lewis Aircraft Machine Gun
(隣のドルフィープラス作品、並びにエマニエル夫人風椅子は製品に含まれません)
完成するとかなりの長物です特にギミックとかはありません
 コレはワタクシも初めて見るキットでした。ヴィッカーズもありました。
 とりあえずパーツも少ないのでササッと組み立て塗装して左の女の子に抱えさせるとか、ドルパ等で「一点物」などと称して、1/60PGストライクガンダム完成品一点五マンエン的値付けで売ってみるか。
 銃架がないので思案の要有りです。あ、ソードフィッシュや九七式艦攻の銃手席を輪切り状に制作するとかいう思案はマッタクありませんので。

キーストーンでは新春の福引きをやっており、ワタクシも三等賞を当てさせて頂きました。  商品はスタンプカード一枚満点券でありましたが、キーストーンのスタンプカードは複数枚同時に使うとその還元率が上がっていくのですね。常連に優しい面白いサービスだと思います。

 その後、前述の喫茶店の後、牧師様の自宅にある蛇の目教の神殿にご案内頂いたのですが、いやはや、ドカ山さんが以前仰っておられたきちんと系統立って積み上げられた密柑山がまず目に付く聖堂の中には、海外通販の戦利品や膨大な資料書、さらにはレアでマイナーな英軍機のラベルが貼られた、それっぽい形状のチーズかローソクかといった風情の物体などなどが所狭しと収納されており、21世紀を迎えた蛇の目教団の隆盛ぶりが窺い知れます。あ、これも拝観させて頂きました。もっと凄い聖遺物もご披露頂いたのですが…ちょっと言葉には出来ません(笑)
 私も些少ながら寄進をさせて頂きましたので、いずれ牧師様のデータベースでご紹介頂けるのではと期待しております。

 そんなこんなで日暮れ過ぎまでBlog話題や裏話、各種キットの論評やオークション戦線の現状なども見せて頂きました。思えばノンストップ蛇の目トークでしたので牧師様にすっかり嗜好が知られてしまいましたわい。

 帰りに赤羽のヤマナカ模型に寄っていったのですが、一応目当てであったバンダイ製「未来警察ウラシマン」のキットは開発時期を考慮してもさすがにあまりといえばあまりなデキだったので止めときました。

 代わりといってはなんですが
爽健美茶の缶は武器が後ろに倒れないための支えですこんな物と、特価品の棚にあったハセガワの二式水戦(九三四空)を購入して帰りました(笑)。
 いや、一箱+いくつか買っても腕ばかり三個という有様だったのでネ。誰かイリヤ(私服)とバーサーカーの腕交換してください。

 牧師様本日はどうもありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします(´▽`)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/2526777

この記事へのトラックバック一覧です: キーストーン再訪&ウラワミンスター大聖堂参詣:

» Merlin Models 1/72 Hawker Hind [1/72 RAF & FAA KIT REVIEW Mk.IIIから]
えびすさんより提供頂きました。有難うございます。FROGのペンギンシリーズ(第2次大戦中の製品)を復刻したものです。FROGオリジナルなのかMerlinオリジナ... 続きを読む

受信: Jan 11, 2005 1:32:47 AM

» あの日のできごと [1/72 RAF & FAA KIT REVIEW Mk.IIIから]
最近帰宅時間が1時をまわるので〇欲が溜まりまくりのAVROですこんばんわ。1/9は高城"Dunna"戎太郎さんとのデートの日でした。待ち合せ... 続きを読む

受信: Jan 13, 2005 1:26:30 AM

コメント

こんばんはー

SAAB17とは良いお買い物ですねえええ
おいら17と22で散々悩んで22を買いましたよおおお
スキーとフロートが付いてるのなら17も狩っておけばよかったですよおおお

ルイスはいつ見てもステキな銃でゴザイマス


投稿者: しょぼんぬ (Jan 10, 2005 9:26:19 PM)

えびすさん、こんばんは
ロンドン市日帰り出張ご苦労様でした(笑)
またまたシブイお買い物をされましたねえ。
AVRO牧師さまがおいくらほど使われたかが気になるところです(笑)しょっちゅう行ってるのに。因みに私の上司はスウェーデン人ですが、さすがに寒い国から来た人なので、冬でもYシャツ一枚で平気だそうです。

投稿者: ドカ山 (Jan 11, 2005 12:15:25 AM)

 しょぼんぬさんこんにちはー。
 サーブたんは水上機ヴァージョンの尾翼に萌えながら、いつか買ってやろうと思っていたアイテムなのです。作りは荒いですが、人好きのするキットだと思いますよ。
 22もあったとは初めて知りました。

 ヴィッカーズとルイスでは、わたしもやはりルイスだと思います。
 一丁1300円をお人形遊びのために二基買うのはためらわれましたので、ヴィッカーズのほうは今もキーストーンで眠っておりますよ。

投稿者: えびすどん (Jan 11, 2005 4:22:01 PM)

 ドカ山さまこんにちはー。
 キーストーンの店主様はドカ山さんのことを覚えておられましたよ。

 AVRO牧師は当日さほど使われなかったように思ってましたが、今思えばモノがレヂンだけにそれなりの値段だったのではないでしょうか。また、お正月などにも自主的においでになっていたようで福引きの本数はかなりのモノでした。

 北欧の人は強いですよねえ…クライヴ・カッスラー先生の本によると、デンマークのお姉ちゃんは冬でもフツーにトップレス姿で日光浴とかしてるようですが、その耐寒能力はぜひぜひ大事にして欲しいモノでございます。

投稿者: えびすどん (Jan 11, 2005 4:27:32 PM)

えびすどん、ご無沙汰です。

マッチのクリーブランド、いいですねえ。
私は、先日、エレールのヘルダイバー/クリーブランドを手に入れました。
そのうち、蛇の目仕様で作りたいと思っています。

投稿者: Kazu (Jan 12, 2005 9:03:44 AM)

 Kazuさん、いらっしゃいませ^^
 エレールのは箱がカッコ良いですね。
 機体はカッコ良く見えませんが。
 Kazuさんの複葉機テクで仕上げたクリーヴランド楽しみにしてますよ!

投稿者: えびすどん (Jan 13, 2005 12:20:00 AM)

コメントを書く