« はいようムスタング(←古) | トップページ | チェック、チェック、チェッカーパターン~ »

2005.06.15

銀と青と白と黒

 今日は千葉県民の日で仕事がヒマなので、休暇を取りました。
 だからといってデートをするでもなく「戦国自衛隊1549」を見に行くでもなく(元々観る気はありません)、ケーキを焼くでもなく(焼けません)、ムスタングを作り続けるオレ。

 P51D-6
 もう死にそう(`o')
 チエッカーパターンのある機体なんか二度とつくらねえ…

 ごらんの通り、チェックを描くついでに青を塗り直しました。
 昨日の記事の当時はボックスアートに近い配色でしたが、どうにもおもちゃっぽいので(使えない)デカールの色に合わせて塗り直し。コントラストがきつくなった分、塗り分け線のヘナヘナがわかりにくくなって一石二鳥。
 でもアップで見るの禁止。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/4565682

この記事へのトラックバック一覧です: 銀と青と白と黒:

コメント

シルバーに青白のチェッカーはサワヤカな感じですね。
オイラもタミヤの1/72ムスタングが中途半端な状態で止まっているので、息抜きも兼ねて着手しようかな?

銀塗装だと息抜きにならない悪寒がしますが((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

投稿者: るーぷあんてな (Jun 16, 2005 12:39:42 AM)

こんばんはー

チェッカー塗るのは
激しくメンド臭そうっすねえええ

チェッカーの機体なんて絶対に作らねええええ

心に誓うおいらですた。。。

投稿者: しょぼんぬ (Jun 16, 2005 2:42:07 AM)

えびすどん、筆塗りうまいですね。
それも、シルバーを筆塗りするとは、模型雑誌のライターさんみたい。

最近、クレオスの8番は、よく光るようになったといわれますが、筆で塗るというのは難しいんではないですか?

今度、筆塗り講座、希望です。

投稿者: Kazu (Jun 16, 2005 1:18:22 PM)

 こんにちは。いつもコメントありがとうございます。手すさびのムスタングに対する意外な注目恐れ入ります。

>るーぷあんてなさま
 悔しいですが、この配色はかっこいいです。
 更にこの機体にラウンデルが付くと思うと…
 英軍機のくせに!この!この!(#  ̄ー ̄)〇
 という気分ですよ。

>しょぼんぬさま
 こんばんはー。めんどくさいですよ、チェッカー。
 チェッカーを塗っては乾かし、乾かしてはリタッチ、リタッチしてははみ出し、はみ出しては…(100回ぐらい繰り返し)
 デカールが使えないぽいので側面の「Doolybird」のロゴも手書きなのではと今から((((;゚Д゚)))ガクガクブルブルでございます

>Kazuさま
 ありがとうございます。いやはや過分のお言葉でございます。模型を写真に撮ると塗りむらは見えなくなるものですぜ!
 DC-3を筆で塗って気づいたのですが、クレオスの8番は昔と比べると信じられないほどのびが良くなってます。
 往事は模型店の作品展示にも銀色がグズグズになったセイバーや飛燕をよく見かけたものですが、今や筆塗りでも行けますよ^^
 絶対禁止だった筆返しも一、二回ならむしろ塗面が落ち着く感じです。何というか一発勝負ですが。

投稿者: えびすどん (Jun 16, 2005 5:40:10 PM)

えびすどん
こんばんはムスタング銀は映えますね
ところで機首のチェッカーも手書きですか
どうすればああ言ったチェッカーが描けるのでしょうか? 

投稿者: PE・kisimoto (Jun 17, 2005 12:27:10 AM)

 PE・kisimotoさまこんばんはー。
 ムスタング、作ってみるとカラーリングが流麗なのに気づかされます。戦争の道具なのに、まるでスポーツカーのようですよ。

 チェッカーは自分でもよくぞ描いたと思います。
 ちょっと身辺でごたごたがあったので、邪念を振り払うべく一意専心頑張ってみました。
 禅の境地です(←ウソ)

 実際の手順は次のエントリーで。

投稿者: えびすどん (Jun 17, 2005 10:53:31 PM)

コメントを書く