« 2006年映画初め | トップページ | 男たち(人数:1名)のボーファイター »

2006.01.24

あえて別方向に話題を広げてみる

 BlogModellersのフォーラムで、セネター・toy閣下Blackburn Rocの情報を求めておられますが、この機種名の"Roc"って、いわゆる「ロック鳥」のことなのね。ついさっきまで気づかなかったよワシ。

 ロック鳥って言うのは「アラビアン・ナイト」に出てくる、インド洋地域に生息するとされる巨鳥ね。船乗りシンドバッドの物語に出てきます。
 羽根一枚が椰子の葉ほどもある超巨大生物で、何でも掴んで持ってっちゃう恐ろしい怪物でゴザイマス。
 レイ・ハリーハウゼンの映画シンドバッドの中ではそんな巨大には見えなかったが(コラ)。
 その巨大さから、"Roc's Egg"というと大ぼら、スケールがでかすぎて眉唾ものの話を示す慣用句らしいです。

 そうすると、でっかいだけで役に立たない持ち物のことは"Roc's turret"とでも言うのだろうか。

 それ以前にSkua(カモメの一種)のダイブブレーキ外して銃塔つけただけ(ではないけど)の機体に"Roc"なんて名前付けちゃうのはいくら何でも巨大化させすぎで、まさにブラックバーン社の大風呂敷と言うべきか。
 どうせなら輸送機や4発飛行艇とかの方に付けて欲しい名前ですな。

 そういえば、アラビアンナイトのアラジンのくだりで、アラジンがランプの精に「ロック鳥の卵を持ってこい」って命令するんだけど、なんかロック鳥に手を出すのはヤバイらしくて、激怒したランプの精にアラジンが危うく殺されそうになるとかそういうエピソードもありますな。

 その他、いにしえの超名作RPG(「TRPGじゃないの?」とか言った連中は一時間正座な)「ルーンクエスト」基本セットに付属しているシナリオで、目的地へ向かう道中にロック鳥が何の脈絡もなく現れて、サイコロ振ってPOW値以下を出したキャラクターを有無を言わせず掴んで連れ去る(そして二度と帰ってこない)という理不尽なイベントが設定されていたのも思い出しました。
 PL「え、あいつどうなっちゃったの?」
 GM「ロック鳥に捕まれたまま南の空に消えていった。いやー、みじめみじめ。その後の彼の運命は知る由もない」
 PL「しらけ鳥かよ!」
 …海外ゲームはその理不尽さがまたいいんですが。

 アラビアンナイト、和訳は平凡社東洋文庫にあります。
 壮大なヨタ話が好きな人は全編を必読ですよ! びし!Σm9・`ω・´)

 …ていうかこの記事、読み返さずに書いてます。後で図書室行って確認しなきゃ。

 え?模型の製作資料?ハハハ、やだなあ、そんなもん持ってたらとっくにオレが作ってますよ(え

<参考リンク>
 Wikipedia”ロック鳥”

 wikipedia "千夜一夜物語"

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: あえて別方向に話題を広げてみる:

コメント

そうなんだ、ROCは千夜一夜物語に出てくる巨大鳥だったんですね。
SKUA(トウゾクカモメ)から、ずいぶん誇張されたものですね(笑)。

しかし、さすがゑびすどん、博学でいらっしゃる。
Blog Modelersの南方熊楠と呼ばせていただきますよ。

投稿者: Kazu (Jan 24, 2006, 4:02:30 PM)

怪鳥ロックと格闘中のワタクシがやって参りましたよ。
そうか千夜一夜物語に出てたやつの名前だったとは、まるで教養の無い私。
ブラックバーンの怪鳥さんは、英国方面からの援護射撃をうけて、キットがまるっきりでたらめなのが判明して海底三万マイルにまで潜航していますよ。

投稿者: (Jan 25, 2006, 12:29:34 PM)

 Kazuさん、toyさんこんにちはー。
 ロックとかスキュアって、角度美人ですよね。
 変な形で枠も太めなキャノピー周り、特に斜め正面から見たりすると都電みたいで(変な表現)味があるというか。

 キットはでたらめでしたか…お気の毒です。
Pavlaのディテールアップパーツとかは結構いいのにキットはどれもキツいんですね。
 中の人はきっとうちの生徒みたいな自由な精神をもって「いいじゃんそんなの」的な設計してるんでしょうね。

 タミヤあたりが段差表現バリバリのシャープなモールドでキット化してくれたら楽しいのになあとかあり得ない夢を見てしまいますよ

投稿者: ゑびすどん (Jan 25, 2006, 3:53:29 PM)

コメントを書く