« SHS報告#1
「とりあえず静岡で知ったことについて大急ぎで言いたいこと言っておく」
| トップページ | SHS報告#3
戦利品今頃やっと荷ほどき中? »

2007.05.23

SHS報告#2
Blog!Modellers展示スペースにて

 「祭りの後」なんて言葉もありますが、そんな虚脱感に浸るまもなく仕事に追われております。
 中間考査の問題は無事出力しましたがテスト開けた瞬間から部活始めたり午後に出張が入ったりと採点するヒマがありませんねえ。
 編曲の方もなにしろ結局「ちょっとうまい素人」なモノでパートの割り振りがなかなか進みません。
 プラモの春は過ぎ、吹奏楽の季節である夏が来ようとしております。あ、プラモも引き続き作りますよ!

 静岡ではBMの素晴らしいブースに作品を展示させていただいたわけですが、先乗りメンバーの皆さんのご尽力には本当に頭が下がります。会期中お会いしたメンバーの皆様にも大変よくしていただき、ワタクシ実に果報者でございます。まことにありがとうございました。

 さて、私もBMブースからいくつかご紹介いたしたいと思います

 Bm2007a
 しょぼんぬさんお気に入りのフィンランドもの、ハセガワ1/72で左がマッキ202右はBf109E-4tropでしょうか。仕上げが綺麗ですねえ。
 どちらも実際には供与されていない機体、フリーモデリングです。一機しかない機体と、ヨーロッパ中のワケ有り飛行士を寄せ集めた傭兵飛行隊とかそういう設定なのでしょうか。
 「おい、どっちの機体が先に飛べなくなるか賭けローニ」
 「その勝負、乗ったニッヒ」
 とか言う会話が聞こえてきそうですね。
 スピナーのブルーや識別帯の発色がスバラシイ作品でした。 
 
Bm2007b

 ヒロシさんのタミヤ1/72コルセアです。
 この撃墜マーク、にっくき米軍のエース、ケプフォード大尉ですね。
 表面の仕上げがとても丁寧で、さすがプロの技!ため息が出ました。
 シーブルーの発色とチッピング、とても参考になりました。

Bm2007c

 takiさんのハセガワ1/72ミラージュF1です。
 写真偵察機型に改造をなさったとのことで、機首下面のカメラを見せるためべースに鏡張りが施されてます。工夫なさってますねえ。
 塗装はツヤのある筆塗りです!ハセのC1って古くて結構微妙だった気がしますが、スゴいです。

Bm2007d

 1/72「ふで部」の作品が続きます。
 mikamiさんの1/72フォッケウルフFw190-D9(ハセガワのD9ですよね?)、イエローテイルが輝いてます。
 胴体横のウネウネとか、白黒の帯とか、実に萌えますね!
 D型と、後期迷彩のカッコよさを思い出させてもらいました。 

Bm2007e

 P.E Kishimoto大老師の「ペロ作」シリーズ。
 タミヤ1/100ミニジェットシリーズをイメージ重視の情景にまとめています。
 トビウオやワシといった脇役が良い味を出してます。
 緊急回避するミラージュの発射したフレアは白色LEDで発光してます。
 老若男女、素人さんもプロモデラーも関心しきりでしたねえ。

 Bm2007f

 今回最大の話題作といってもイイ、もでりんぐ割烹さんのヴィッカース・バリアントです。
 (この記事書いた当初思いっきり「ハンドレページ・ヴィクター」とか書いてました!信じがたい凡ミスですカポウさんホントごめんなさい。)
 フルスクラッチ(自家製レジンキット?)ですよ!奥にあるドカ山さまのTSR2(これまたフルスクラッチ!)だってかなり大きいのに、更にそれに数倍するサイズ、この迫力!
 白色塗装も美しく、この写真のあたりだけ冷戦時に戻ったような、核の脅威が漂ってました(笑)

Bm2007h

 ということで、BMのスクラッチ王、ドカ山様のTSR2です。
 一瞥して「エアフィックスか」とつぶやいて去ってゆこうとするお客様に、「これフルスクラッチなんですよ」と呼び止めるBMメンバーの姿が数多く見られました! 

Bm2007g

 これまた話題作、 BM期待の若獅子ことうみぬり君による、HiPMの1/48ペトリャーコフPe-2です。
 HiPMを完成させたとビックリ、中学生が作ったと知って二度ビックリ、となるお客様が大勢いらっしゃいました。

Bm2007i

 大きな写真はピンボケしてしまいました。カトーさんのフェリックストウ飛行艇のジオラマにご出演の皆様です。
 スカーフのワンポイントなど、所々ビビッドな色遣いが飛行艇の機体と相まってステキな楽しさを醸し出してます。
 彼らはオリオンというブランドから出ている第一次大戦フィギュアセットを利用しとられます。
 このフィギュア、漫画的なデフォルメが利いてていいですよね。以前某店で見かけたとき買っておけば良かった。

Bm2007j

 最後に、我らが頭領Kazuさんのジオラマ、1/72スーパーマリン・ストランレアです。
 大人ぽい情景ですよねえ。英国通のKazuさんらしく、会場にいながらにして北海の海辺の雰囲気が感じられそうな味わい深い一作です。

 他にも魅力的な作品が大量に出展されていたのですが…

 私の写真力の拙さで、ことごとくピンボケというていたらくです。
 メンバー各氏のブログで補完していただければと思います。

 いやはや、ホントスバラシイ作品ばかりで眼福でございました!
 来年はもっと頑張るぞとエナジーを注入した次第です。

 会場でお相手下さった皆様、作品の感想を下さった皆様、どうもありがとうございました!

 第3部はお待ちかねの戦利品編です。
 こちらのSHS記事を書きつつ、少しずつ皆様のBlogへのコメント、コメントへのレスポンスなど進めさせていただいております。ご挨拶遅れてしまってる方々には申し訳ありませんでした。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: SHS報告#2
Blog!Modellers展示スペースにて
:

コメント

こんばんは
相変わらずレポートが秀逸ですね!
コメントが面白いッすよ。
さすがは先生だね(笑)
来年も中学生部員の指導を宜しく頼みます。

投稿者: ドカ山 (May 23, 2007, 11:08:43 PM)

こんばんはー

とりあえず
脳内設定は考えてあるんだけど
上手く文章に出来ないちゅーか
なんちゅーかで
難しいぞ日本語おおおおお(・ω・)

投稿者: しょぼんぬ (May 24, 2007, 1:22:15 AM)

こんばんわー。
そーですかーバリアントからは何某か漂ってましたかー。
でもまぁ、漂ってたのがおっさんの狂気じゃなくってよかったかもー(藁
しかし
なんですな
真正面から撮られると、イロエロとズレたり曲がったりしてるのがバレバレですな・・
写真ってコワイ。

投稿者: かぽう (May 26, 2007, 10:08:12 PM)

コメントを書く