« August 2007 | トップページ | October 2007 »

2007.09.28

MG更に到着

Mg
 我が職場、今日明日と文化祭です。
 バンマスとして直前のリハーサルに大忙しです。今年はクラスは持ってないんですが、生徒会顧問とかやってるのでこれはこれでもう大変。

 というわけで。(写真と関係あるのここまで)


 amazonで頼んでいたモデグラ追加分が到着しました。3冊も(笑)
 もう、超乗せられてます!
 でもね、零戦二一型と言ったら、まずは何を置いてもハセガワからのフロート移植で二式水戦やりたいじゃないですか。(真顔)

 ノーマルで組むとしても、真珠湾攻撃、台南空(サブロー・サカイ)、岩本てつぞー、サイパン放置の翼面ストライプ入りと最終的に4機は作りたいじゃないですか。(これはギミック)

 一応「キット単体での再版は絶対にありません」という言葉を信じて大人買いです。

 まあ、オレが担当者だったら、この際2万ショットぐらい余計に生産しておいて、コラボと称した抱き合わせで

「エッチング・ロストワックス製ディテールアップパーツ・レジン製フィギュア・カラーチップ同梱版9800円」(全て単体買いで揃えると二万円強!)とか、

「イカロス出版刊北千島・アリューシャン戦線写真集特別付録・レジン製二式水戦・三二型・二二型コンバージョンパーツ同梱版特別限定再版7800円」とか、

「DVD「ゼ●の●い●」OVA3巻~6巻連続で初回版特典として劇中版デカール付きキットパーツがそれぞれ付属各7980円」(←ネタ元もよく知らずに書いてます)とか

「好評にお答えして一回限りのチャンス・一迅社(←こんな会社)刊 零戦二一型同人コミックアンソロジー(明灰白色/濃緑色)それぞれ特別付録2800円」とか

 「キット単体以外」で最低4回はリリースしますがね。
 もっとも、2番目のは自分で書いてて自分で欲しくなりましたが。


 …………あ、あの。

 何よその目は!
 浮かれて四冊も買っちゃったからって、照れてなんかないんだから!勘違いしないでよね!

 えー、MG本誌だけ欲しい人はさし上げますよ?二冊ほど。
 
 まあ、amazonでもいまや売り切れですし。
 amazonの例に漏れず発売日当日に届かなかったものだから、うっかり一緒に頼んでいた「うたわれるものらじお」CDVol.4がなかなか聴けなくてやきもきしてもいたところなので四日遅れとは言えちゃんと届いて素直に嬉しいです。

 で、予備ができたのでパーツを開けてみたんですが、なんかプラの質にそこはかとない違和感がある(特に黒・銀ランナー)ような気が?
 文化祭が終わったら、ちょっとコクピットぐらい組んでみようかなあ…

(今日のこんこるど)
 Fuselage fixed.
Concorde4

 …長いったらありゃしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.26

教材研究、あるいは1/200コンコルドお手つ記(1)

 さて、教材研究(笑)こと童友社のコンコルドです。

Concorde1
 1/200とは言っても大きいですねえ


Concorde2
 なんか思ったよりモールド豊か?


Concorde3
 このキット、胴体がかなり長いのに、左右パーツの貼り合わせ用ガイドとかダボとか全くありません。
 これでは面倒なので、とりあえずランナーを適当に切って胴体内側に年古りたタミヤセメントでべったり貼ります。

 ということで接着剤が乾くまで一週間ほど放置です。
 うっうー、ぐぐって見つけたBAのラストフライト機あたりにしたいかもー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.09.24

ナンシーより緊急連絡

 ナンシーって誰やねん(挨拶)

 神田古書店街の三省堂書店8階になぜかあるごっつい模型店オリオンモデルズで、ウォーペイントシリーズが在庫分すべて値札から30%オフのセールをやってます。

 いや、昨晩はまだやってました。

 というのは、ご店主の話ですと「気まぐれでやってるのでいつ終わりにするかわかんない、欲しいモノがあったらつかんでおいたほうが」とのことなのです。

 とりあえず、昨晩に残ってたのは、
・アブロ・リンカーン
・ショート・サンダーランド
・アームストロング・ホイットワース・ホイットレー
・スーパーマリン・シミター
・ボールトンポール・デファイアント(2冊アリ)
・ウエストランド・ワールウインド
・グロスター・ミーティア
・ハンドレページ・ハリファックス
・フェアリー・ファイアフライ
・ブリストル・ブレニム
・ブラックバーン・ファイアブランド
・リパブリックP-47サンダーボルト(複数あり)
・ドルニエDo217
 ※ボストンとアルバコアはオレが買いました

 といったところです。
 西山洋書仕入れだと高いウォーペイントを2000円台から買えるチャンスです。
 資料収集癖のある向きは神保町に急げ!

 あ、あと別売りデカールも3割引してた感じですヨ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.09.23

忙中閑無し

 3連休らしいですねえ

 私は仕事です。バンドのライブが来週末に迫っているので、バンマスとしても付きっきりで指導しないととうていステージなどできません。
 また、どうやら来週も、うちの職場は大戦末期の日本海軍並みに人手が足りないらしいです。
 水雷戦隊とか言いながら、実体は丁型駆逐艦3隻みたいな。
 そういえば、昔あったエポック社のマルチプレイヤーウォーゲーム「三国志演義」で、実際にはユニットがいない軍団旗マーカーだけを地図上に置いて敵プレイヤーをごまかすとかやりませんでした?

 …もうどうでもいいです、やれるところまで行くのみ。

 さて

Stuffs
 まあなんか、買い物とかもボチボチしております。仕事で千葉に赴いたついでに久しぶりの塚本オタクビルに立ち寄ったので、まあそんなん。

 零戦と、その組み立て説明書(笑)。amazonで予約してあるんですが、近所のマンガ専門書店で早売りしてたので念のために1冊購入しました。
 キットのパーツはもちろん、意外なことに中の製作ガイド記事がなかなか良くできてます。
 普段ウォーバードに興味のない向きは、こういうキットを目の当たりにしたらどんな風に見るんでしょうね。
 私が一番恐れてるのは、

 今月「ゼロ戦なんか興味ナイしなー」→「来月号買わないとパーツ揃わないの?じゃあ開けるのまだいいや」
→来月「今月の特集興味ね。MGはスルーで」
→再来月「結局半分だけだし、じゃまだから捨てるか」

 というパターン。そうなったときはオレにくれ(笑)

 袋キットは、レオナルド千葉店の箱無し箱から見つけたコンコルド。
 680円ならパパっと作って悔いない価格。カルトグラフ版だったし。
 国語の教員をやってると、教科書で「コンコルドの誤り」という文章によく出会うのだが、「コンコルド」を知らない(いや、コンコルド以外のこともほとんど知らないんだが)生徒に現物を見せるのが早いのです。
 でも、エアとかモノとか高いんですよ。でかいし。 

 文庫本は、昔図書館で借りて読んだきりでその後長らく捜してた朝日ソノラマ文庫、ラディスラス・ファラゴー「知恵の戦い(War of Wits)」です。
 三省堂書店がなぜか「絶版文庫(古書)」フェアと称してやってたワゴンの中にあった一冊。
 スパイ戦史シリーズってこれの他1冊(「情報士官の回想」)しか知らないんだけど、いったい何冊出たんだろう。
 いわゆる「情報戦」の理論と実際をこれほどかっちりと説明した(分かった気になった)本はこれ以外にないと思うのですよ。光人社あたりが復刊しないモノか。
 少々堅い上に、近代外交史・戦史を広く浅く浚ってないと読み物としてはむずかしいかもしれませんが、古書店で見かけたらお奨めの一冊です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.09.19

やよいヘッドほぼ完成

 先日お見せした班羊団さんのアイマスやよいのレジンキットですが、カシラの塗装がヘタクソなりにほぼ終わっていたのでした。大分前に。
 近頃のBM界隈の話の流れからするとシタデルカラーあたりで塗るべきでしょうが、ナニを思ったのかワタクシ、ハンブロールなどを敢えて使用しております。

 とはいえ、衣装の色選択がまだ未定なのでとりあえず市販のPnky;st素体に載せてみた次第。

 いやそのですね、XBOXってPCと違ってSS撮りにくいので塗装用の資料画像が揃わないのですよ

 と
 いうわけで

Yayoi6
 近所の店でテキトーに買ってきたタテロールで派手めな髪型の子の付属本体です。
 パッケージは捨てたのでサイトを見てみたところ、どうもPK018という新製品のものみたい。
 これには白スーツ素体が同梱なんですが、その上半身は私服千早とか作る人に便利かも、いやむしろオレとしても何とか既存パーツの組み合わせに最小限の加工で作れないものか、どうか(やる気のない問いかけ)。


Yayoi5
 もともとの顔の表現がお澄まし顔なので、カワイイ系の服に照れてる感じでよろしいですな!

 本体の衣装の方はミニモーニングあたりで行ってみようと思います…
 「エメラルド!エメラルド!」と某氏が騒いでおりますがめどいのでイヤ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.18

マクーの陰謀二題

 オレと仕事をかなりの部分で(具体的に言うとクラス分割による講義をほぼ100%)シェアしている同僚が、管理職にだけ断りを入れて(婉曲話法)4日連続で仕事休んでおります…というか明日も休むらしいです…

 3連休挟んでなおも休むとは、うちの職場をアバロン乗馬クラブか何かと勘違いしているのではなかろうか

 …というような悪夢が週明けに待ちかまえているとは夢にも思っていなかった先週末の三連休のお話です。

 ちょっと用事があって茨城に行ってきたんですよ。あ、百里じゃないっすよ。それは先週(?)だったかと。

 実は私の一族は、元々常陸の出でしてな。親族関係の軽い用事を頼まれて水戸方面に車で出かけたんでした。
 用事自体は全然手間取るものでもなく、骨肉の争いも血みどろの惨劇も皆目起こらずにあっさりと終わったワケなのですが、朝から行ったおかげで水戸からの帰路が割と早い時間になりまして。普通なら常磐道を利用して往復するのが普通ですが、午後の柏インターから16号を南下するのは果てしなく遠いですし、三郷から松戸道路あるいは定番渋滞を押し通っての都心寄りを回って戻るのもおっくうです。

 要は千葉市民にはちょっと使いづらい常磐道なので、ちょっと時間に余裕もあったということで敢えて国道51号を南下することにしてみたのです。。
 利根川にぶち当たるまで太平洋岸沿いに延々下れば東関道でサクッと帰れるのですが…早々に道を間違え、鉾田市に入ってしまいました。やむを得ず一本内陸の道を下って鹿嶋市を目指したわけですが、なんか風景が全然変化しないですなこのあたりは。当然模型店とかもあるわけがなく(あ、鉾田市の中心部にはなんかプラモも置いてる古びたおもちゃ屋があるらしいですね、人から聞きましたが今回は行ってません)

 途中海と北浦の間の狭い地峡を通過するんですが、なんというか、遠くに来た感アリアリで、ちょっと不思議な気分です。東京から2時間以内に来られる所なんですけどね。

 途中、、ふとこの辺の鉄道でつい最近廃線になったのがあったなあ…などと思い出して、道路と並行して走っている鉄道線路の途中、滅多につけないカーナビ(平成12年度の地図そのまんま)に比較的大きく載っているあたりを見当付けて、
Hitachiono
 こんな駅に立ち寄ってみました。
 トイレを借りて、お礼というか自販機でお茶を買っただけなんですが、駅前は青空駐車場と化していたり、なんか正面の玄関は角材で封鎖されてたり、中ががらんどうっぽかったりとなんか寂しいですな。
 駅舎の真裏に当たるところに跨線橋がありまして、中の階段を上がって三階から跨線橋に出られる…ようなのですが、よく見ると左後ろに直接地上におりる階段がありました。つまり駅舎を通らなくてもホームに行くことができます。事実上改札しない駅だったということでしょうか…。

 よく見ると、玄関は封鎖されているものの、よこのガラス戸は開いていて中に入ることができます。覗いてみると、「関東の駅百選」とかそういう銘板が。へえ、確かになんか凝った駅舎だしね!などと思っていたら、駅舎内奥の扉には「どこでもドア」とかスプレーで落書きがしてあったり、ちょっともの悲しくなりました。
 やれやれ、廃線後の駅なんてこんなものか…トイレが使えるだけでも地元の方々の志を感じますな。
 と、更に奥に踏み込んでみようか、でも正面封鎖されてるし、開いてるからって入っていいのかなあ…
 てな具合に逡巡していると、昼なお暗い建物内から動体反応が!

 何やつ!っと身構え、闇の中をみると!!!

 中にどう見ても関係者じゃねえ変なおっさんが居座ってるし!

 おいおい、これなんて羅生門ですか?
 (失礼、でも大変つか死ぬほど驚きました)

 何事もなかったように、しかしそそくさと距離をとり(←小心者)駅前の広々とした広場を見渡してみると、駅前に一軒だけある喫茶店的な建物の脇から、自転車に乗った若い(だけの)娘が、何か鋭い目でオレを凝視しております…しまった、ここは死地か!
 
 元々あまり鉄分もないオレですので、早々に退散することに決定。

 いやー、廃線跡って、ホント怖いですねえ…オレのような初心者にはおすすめできん。

 などと帰宅後に色々調べていたら、またまたびっくりしたことに。
 実は、先年廃線になったのは「鹿島鉄道」であって、今日立ち寄った「鹿島大野駅」のある「鹿島臨海鉄道」は立派に営業中でありました!

 つまりナニか、アレは汽車を待つ客か!あるいは、汽車で帰ってくる者を待っていた出迎えの者か!

 …ネタでも何でもなく、素で勘違いしてました!
 超恥ずかしいOrz

 ………そうか、マクーのやつらめ、オレに恥をかかせる為にこの段階からオレに罠を張り巡らせていたのだな!
 駅にいたヤツはダブルマン、自転車に乗っていた娘はヤンキーモンスターか何かだったに違いない!
 同僚は、オレの身辺に迫るマクーの魔の手に気付いて捜査に、あるいは既に奴らの手にかかって…
 (とでも思わねばやってられないこのヒドイ仕事環境つかこんな駄文書いてる場合じゃないんですよ明日も朝イチから講義3連発でウガアアア)


 ともあれ、本当にごめんなさい鹿島臨海鉄道の利用者および関係者そして近隣住民の皆様さらにはファンの方々。

 (参考リンク)鹿島大野駅-駅wiki-

| | コメント (0) | トラックバック (0)