« 関西行ってきた話(その三) | トップページ | 金魚茶屋と鳥つね、そしてボードゲームなど »

2008.02.13

関西行ってきた話・(その四:最終章)

 さて、夙川から阪急電車に乗り、車内でスカイマークのフライト状況を調べたりしているうちに三宮へ到着。
 先に断っておきますが、前回同様、写真とか撮ってません。単独行動の時以外は写真とか気が回らない質で。

 とりあえず待ち合わせ相手に連絡を取ってみたところ、すでにうずらさんは理蘭さん、CSさんを従えて南京町方面で昼食を取って来たとのこと。オレはホテルでの朝食をあまりに充実させすぎたので、いまだ昼食とかそういう感じではありませんでしたのでこれは好都合。

 ということで、地理に不案内なオレは後からついて行くことにして、とりあえず着いた場所が生田神社
 そういえば今日は節分でした。
 とりあえず参道を進んで、境内に入ろうとすると、門の奥を横切るような形でなんだか頭上に足場が組んであります。工事中か?と思ったら、なんだかその足場の上の方でヒラヒラするものと、なんだかホガラカな歌声が。
 違和感を感じつつくぐって境内から振り向くようにして見上げると、風さやかさんとおっしゃる、元タカラジェンヌだという方のライブステージが行われておりました。
 私はその方面詳しくないのですが、後で調べたら地元の著名人みたいですね。
 ご当地の住人であるうずらさんも節分祭は初めてのご様子で、人混みを抜けてとりあえずそそくさと参拝したものの、しばらく一同口をポカンと開けてしばらく鑑賞してしまいました。
 しばらくして我に返り勇を奮っていわゆる歌枕であるところの生田の森(八幡の藪知らずみたいに小さかった)の方から脱出。何しろショウがメドレー形式でこの調子では最後まで何となく聞いてしまいそうだったので。
 しかし、門前から順当に境内に入るとその頭上でご婦人が歌い踊ってるってどうよ?なんか申し訳ない感じです。
 他にも、今日の節分祭には大阪プロレスのみなさんとかがいらっしゃってたようで。ちょっと見たかったような気もしますが、なにしろその前の歌謡ショウがインパクト大きすぎです。

 そもそも、後でこのBlog書くためにサイト見てたらなんと生田神社は恋愛成就で定評があると言うではありませんか!
 そう言う大事なことはちゃんと鳥居の真ん中とかに掲示しときなさいよ!(オイ)

 その後、3時過ぎのJALで遠距離フライト予定の理蘭さんをポートライナーの駅まで送っていき、そこでれーか嬢と合流。
 異人館方面に連れて行ってくれるということで、喜んでついて行きます。雨で足場は良くないですが、坂を登ってアレなゲームのナントカ家とかナントカ家とか、お金を払わない範囲でサラッと見て回りました。
 「慌ただしくてスマンねえ~」とかご当地の二人は気を遣ってくれますが、日頃から「観光しちゃアカン」とか「観光やない、ハードスケジュールや」などと嘯いているので全然気になりません(笑)雰囲気重視なので大いに楽しめました。

 異人館からの下りの途中にある「にしむら珈琲店」の北野坂店が大いにお奨めだと言うことなので立ち寄ってみましたが、これは美味!
 元々紅茶党で、日頃あまり自分からコーヒーを飲まないこともあって敢えてブレンドではなくグアテマラを飲んでみましたが、「珈琲」と漢字で書きたくなるような味わい(ナニそれ)。ケーキも食しまして、ええと何だっけ(←サイト見)「パラチンケシュニッテン」という舌を噛みそうな名前のケーキをいただきました。クレープとクリームによる積層構造を為しており、その上に無数のフルーツが積載された素晴らしい味のもので、大変満足しましたぞ。満足の余り、週明けに誕生日を迎える知人への土産として、豆と小物を購入してしまうほど。
 本物の喫茶店と言えるような店がどんどん減っている中で、観光地という特殊な立地とはいえこういうお店が残っていることはうらやましい限りです。

 その後、CS氏は高速バスで帰国されるとのことで再び駅前に。そうこうしているうちにオレのフライト時刻も近づいてきたため、あとは三宮の地下街でオタクショッピング(笑)
 れーか嬢がゲーマーズで何かマンガを買うとか仰せられたので、特に用事はないものの店内を見て回っていると、谷川史子の「くらしのいずみ」単行本を発見。速攻手にとってレジはどこかと思っていたら、うずら嬢とばったり。そしてその手には同じ本(笑)。
 そして時間つぶしがてらボークスにも行きまして、やまとのブライガーやらYF-19(25周年記念)やらを見たり、Fateのフィギュアを見たりSDのフロアにお伴したり。
 するとありましたよ、新入荷商品の棚に例のアレが。
 とりあえずデカールを確認しようと箱を開けてみたら「欲しいなら買っちゃいなよ」という囁きが。
 「いや、デカール見たいだけだし」「またまた~」と言うか本当に要らない感じ。カルトグラフどころかシルク印刷じゃないし。
 オレの場合、積んでるうちに後悔すること請け合いです。
 まあナニを言ってもダメかと半分諦めつつも「オレはね、車はやらんのだよ」と言ったら「あ、今ので納得した」と言ってくれて一件落着。
 日頃の行いがいざというときの危機を回避させてくれるのだね。理解される喜びってスバラシイ。

 てなわけで、飛行機の中で読む本も2冊用意できたし、チェックイン時刻の1時間前になったのでお嬢さん方とも別れを告げてポートライナーで空港へ。ライナー結構遅いのね。
 既に東京の大雪を知った段階でスカイマークの運行情報と話をしていたので遅れるのは分かっていたものの、いざ空港に着いてみると「使用機材の羽田出発が遅れるため」19:45まで出発予定は延期だとか。これは結構でかい。
 とりあえずチェックインカウンターで「よもや飛ばぬと言うことはあるまいな」「更に遅れてもいいから、神戸に引き返すのだけは勘弁な」と確認した上で搭乗手続きだけ済ませて、待機に入ります。
 なにしろ翌日は入試準備日なので、さすがに突然休暇とか取るわけに行きません。

 これが大手エアラインなら同じく遅れている前の便に空席を見つけて変更とかそう言うのもあるのでしょうが…ココに来てスカイマークを選んだ自分の吝嗇さに腹が立つ。
 しかたないので腹ごしらえでもしようかとふと見上げた出発予定表示。
 なんか、札幌行きJAL便も遅れてるっぽい?
 そこで理蘭さんにメール「もしかして、まだ飛ばない?」正解!お気の毒に…
 幸い彼女が乗る便は程なく搭乗手続き開始したわけだが、スカイマークの767は一向に到着の気配がない。

 しかも神戸空港にはろくな店がない。本屋も狭くて買い足したいようなモノもないので、仕方なく二階の上島珈琲で好物のチーズエッグサンドをぱくつきながらSAMを読んだりしていたのですが、そうこうするうちにまた遅延のお知らせが。
 まあ、羽田を出てくれたようなので折り返しの便は飛ぶのでしょう。
 おなかの中にうどんも追加。

 結局飛んだのは20時を大きく過ぎ、羽田に降りたのは21:30頃。そしてターミナルまでは座席のほとんどないバス。
 安いのには、相応の理由があるのですなあ。天候気象の問題とはいえ、行きのスターフライヤーとくっきり分かれた感じ。
 スターフライヤーの機材が新しくて座席も広いのに対して、スカイマークの767は何とも古くさい、安めの観光バスを思わせる狭さと漠然とした臭い。JRの特急でふるーい車両に当たったときのような懐かしさ(笑)を感じましたな。
 まあ、今回の旅で行きにスターフライヤーというのが充分使えることが分かったので、これからはSFを使っていきましょう。
 帰りに関空に行くのはちょっと嫌なので、帰りは新幹線なり日航なり、多少はコストを掛けるしかないですね。
 行くのが遅れるのはともかく、やはり帰れないのはアカンでしょう。

 まあ一旦降りた後は普通に自宅まで帰れました。交通事故だけは怖いので、空港バスはパスして、前日無駄にチャージしたSUICAを使ってモノレール→JRで帰ったのですが、スカイマークの飛行機と比べて総武線快速のグリーン車の快適なこと(笑)

 そして、家に着いたのが11時頃…家に入ろうとしたところ、衝撃の事実が!

 マ イ カ ー が雪に覆われています

 これでは明日の出勤はヤバイ、ということで、大慌てで雪を除去する作業に。
 寒いは冷たいわでもう参りました。最後が一番キツかった…

 現地で一緒に呑んだ皆さん、神戸で一緒に遊んでくれた方々、ありがとう!オレ何とか帰れたよ…

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/40098980

この記事へのトラックバック一覧です: 関西行ってきた話・(その四:最終章):

コメント

最終章まで、一気に読ませていただきました。
最後は大変だったようですが、楽しい道中だったようですね。
もともと生まれが関西のワタシ、南京街や生田神社など神戸の街の風景を懐かしく感じることができましたよ。

投稿者: Kazu (Feb 13, 2008 6:35:26 PM)

神戸の北野坂で女の子とお茶するなんて
うらやましいです。

そうゆう青春時代を送りたかった・・
関西で少年時代を過ごしましたが
その手の記憶が 薄いです。
明日はバレンタインか・・

投稿者: taki (Feb 13, 2008 11:54:30 PM)

 お二人とも、こんなイタさ丸出しな日記にコメントどうもありがとうございます。

>Kazuさま
 関西のご出身でしたか。
 私は震災後の神戸しか知らないのですが、
 阪神間のあたりは町の雰囲気がどことなくふんわりとしていていいですね。雑然とした千葉県とは何か違う。
 文中にもある「風見鶏」のドラマと西村しのぶのマンガで育った(大げさ)私としてはあこがれの地なんですよ。

>takiさま
 私もそう言った”青春時代”の思い出はありませんよ(笑)
 今や青春どころか朱夏すら終わろうという勢いですし、
 ついでに言えば北野坂には詳しく書いてないだけで男衆も一緒でしたから…

 まあBlogでぐらいちょっとぐらいデレデレさせてくださいよ
 ∵(´ε(○=(・∀・*) ...

投稿者: ゑびすどん (Feb 14, 2008 11:55:30 AM)

コメントを書く