« 関西行ってきた話・(その四:最終章) | トップページ | 一日30分モデリング »

2008.02.14

金魚茶屋と鳥つね、そしてボードゲームなど

 昨日からモノスゴイ寒さと強風とが関東地方を襲っております。
 目の回りに違和感があるのは、ホコリかと思ったら花粉かも知れませんな。

 これはきっと、バレンタインとか言って浮かれ騒ぐ軽佻浮薄なる大衆や、中でも特にどう考えても生焼けな茶色い半がわきのタミヤパテ的物体をこしらえては学校の先生を実験台に食わせようとする一部でJKと略称される異星生物に対する自然の警告なのだと思います。何というか口の中がべたつくので紅茶が進んでトイレが近い近い。

 だいたい、バレンタインと言ったらこれかこれこれ(画像)だろ普通。

 あ、言うまでもなく昨日までに届いたブツは誕生日の贈り物と解釈したので当てはまりません。むしろ大いに感謝感激しておりまする。

 さて。


 先週土曜の話になりますが、前から突入してみたいと思っていた昌平橋通り沿いにある「Poisson Rouge 金魚茶屋」に、勇を奮って(←最近お気に入りのフレーズ)足を踏み入れてみました。
 以前から何度も訪れている知人に「ココのケーキすごく美味いって!もうシ○ト○ー○なんか食えないよ」などとヨイショされるのはともかく、そやつが行くたびにメールで「まだ行つてないのかね。まつたく少しは利口なおやぢかと思つてゐたが、僕あがつかりしたぜ」とか「なんてこつた、どこまで眠たい輩なのだらうかね」などと催促されていたのがいい加減腹が立っておったのでございます。と言うかなんで比較対象が○ャ○レ○ゼなんだか。

 まあ、実際問題としてはたまたま最近忙しくて場所の確認ができてなかったのと、本丸と言うべき二階のカッフェーが「※男性のお客様は、女性とご同伴頂かなければご入店になれません。」という簡にして潔なる規制を敷いているというもので、だからといって店頭でケーキだけ却って老父母と一緒に食うというのは何か負けたようで気に入らない。

 ということで、長らく機をうかがっていたのですが、ちょうどとある知己の御腐女子令嬢さまが某特撮オンリーイベントに参加するというので、先日イロイロと言辞を弄してお連れするというかお伴をさせていただいた次第。

 ということでイベント帰りのついでと言うことで、当日台東区の某所で待ち合わせたのですが、なんだか近頃マスクドで電車に乗ったりしちゃうライダーな番組は想定外の大人気で、イベント入場でとんでもない行列をさせられたとか言う話で彼の女(ひと)はすっかりへろへろな感じです。

 恐るべし腐女子パウワー!

 まあ、そんなわけで乙女の園に突入ですよ!もう気分は敵情定かならぬスリガオ海峡に進入する西村提督の心境ですね。
 入店してみると、既に一組のお客が待っておられましたが、割とすぐ入れそうな様子と言うことで、ショウケースのケーキを拝見しながら待たせてもらいます。
 清楚なユニフォームを纏った店員の方が新たなケーキを運んできます。できたてのガトーショコラですな。聞けば、ココのケーキは全部(確かそうだと)店内で焼いておられるとか。
 先日のにしむら珈琲店に引けを取らぬほど、どれもおいしそうです。
 かといって、いくつも同時に頼むのは何とも下品(←かなり気持ち先行です)。正直メタボも怖いので、直ちに関係各所と協議した結果、ガトーショコラとオペラ(←一般的なソレと比べてかなり巨大)をそれぞれ頼んでシェアすることに。
 
 程なく階上に案内していただいたところ、シックなしつらえの店内、満席のテーブルには甘味とお茶を楽しむご婦人方………とほぼ同数の男性

 なんだよ

 みんな考えること同じだな

 男の方が夢見てたってか

 ハッキリ言って安心した!

 そうだよね。ココは外神田3丁目、通称アキハバラ

 と言うことで、すっかりリラックスして飲み物を選ぶ二人でありました。
 ケーキはやはり外見に違わぬおいしさでありました。
 ケーキの他に、味見と言うことでペニエ(フランス風ドーナツ)も頼んで見たのですが、これもなかなか好み。
 中味のしっかりした、空気の少ないドーナツが好きなんですよ。

 そういえば、注文時にウエイトレスの方が「こちらは初めてでいらっしゃいますか」
 「ええ」と答えると「こちらは女性に優しいお店でございまして」(ドキ)
 憶えはないけれど何か粗相があったか?と一瞬ひるみつつ「はあ、なるほど」と申しますと、
 「男性の方のお手洗いは一階をお使い下さいませ」そう来たか!
 「アイアイ、マーム」(←とは答えてません)いやー焦った!鹿鳴館に紛れ込んだマタギ(それも鮮血したたる鹿を運搬中)みたいに扱われたらどうしようかと思った!

 …そんな(どんなだ)わけで、友人がしつこくお奨めしてくる理由も納得のお店でございました。
 後で調べたところ、一階の奥にコーヒースタンドがあって、男性のみの、あるいは同行の女性陣からハブられた場合はそこでお茶できるようです。BMのナイスガイ諸氏もアキバついでにお試しあれ!


大きな地図で見る

 その後、RPGに関心しきりの彼の女をご案内して、ワガハイ自身何年も訪れていないイエサブのボードゲーム扱い店に。
 最初昔の記憶で言ったところはなにやらトレーディングカード(これまた近状全く無知)専門店になっていて少々戸惑いましたが、店員に聞いて行ってみたところそこには懐かしい臭いが。

 都市部以外ではなかなか買えない珍妙な色のダイスの並ぶ棚を前に、「やたら小さいダイスをコソコソ降るやつとか、判定のたびにダイス変えるヤツとか、いちいちどっちが10の位とかアピールしてからダイスを振るヤツはイカサマ野郎だ」とか熱弁を奮うオレ(激痛)。
 結局白いごく普通の大粒ダイヤ、もといダイスを購入する同行者を待つ間、狭い店内をぐるりと回ってみると、ワタクシの学生時代を思い出す懐かしのウォーゲームやRPGルールが置かれた棚があります。どうやら、中古を扱っている模様。
「空戦マッハの戦い」\12000(ユニット切り離し済み)
「War at Sea」\2800(〃)
「ロードキル」(\9800)
「Wooden Ships&Iron Men」(\5800)
「メガトラベラー基本セット」(\9500)
「ウォーハンマーFRPルールブック(文庫版)1~3章セット」\8000
 (以上、値段うろ覚え、でもだいたいにおいてこんな感じ)
 うーん。
 なんだか部屋の押し入れを掘り返したくなりました。

 その後、この複雑な気持ちを誰かと分かち合えるかと、ボードゲームに造形の深い屋根裏(この二人で来ると大概寄ってる)に登楼したりしておったのですが、天候が悪くなってきたので、早めに夕食を取って引き上げることに。

「何を食べたいかね」と聞くと「卵」とのたまうので、夕飯は「鳥つね」の親子丼を選択。
 車があるので本店か、あるいは5丁目(レオナルドの先)に行ってもいいのですが、雨が冷たいのでUDXビルに。
 元々敷居の高めな店だったので、ここのテナントに入ってくれてからグッと行きやすくなりました。

 食事を終えて表に出ると雨が霙に。帰りが嫌な感じになって参りました。
 大量の同人誌を抱えて雪の北関東に帰るのを上野駅で見送って、さて帰ろうと表に出ると、ついに雪、それもみるみる積もる大雪に。

 2週連続で雪害とは何とも厳しい今年の冬ですぜ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/40121421

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚茶屋と鳥つね、そしてボードゲームなど:

コメント

コメントを書く