« ニュルンベルクトイフェア 2008 | トップページ | 737は楽なのです »

2008.02.09

関西行ってきた話(その二)

 関西空港に降り立ったオレたち特攻部隊(一名)は、特定アジアの妨害に晒され、出発を遅らされた。南海電鉄で脱出し、特急のシートに潜った。しかし、いつまでもミナミくすぶってるオレたちじゃない。

 ネタ的に苦しいのでやめます

 そんなわけで、ガラガラの南海特急にふんぞり返って「G.A」の2巻を読みながら大阪はなんばへと向かったゑびすどんでありました。(以上前回のあらすじ)

 …あれ?それってなんつーか、敵の拠点にまっすぐ向かってね?(コラ)
 そういえば、オレはダイエーになる前、ホークスのファンだったなあ。

 さて、なんばに降り立ったオレは、とりあえず郵便局へ行くついでにレオナルドを訪問。
 場所を知ってる模型店がココとホビーランドしかないのです。

 まあ、余り期待はしてなかったのですが、以前に寄ったときの印象では千葉店よりは在庫面でも価格面でもややよい感じだったので、ちょこっとだけ寄ろうかなと。
 デカールの中にエアライナー箱もあったんですが、みんなフライトパスかAHSのカナダ系だけ(つまり窓がない)だったので、そこはスルーし、特価箱のキットを一個だけ記念購入。

Bq

 ウェルシュモデル BAC 1-11 ライアンエア-仕様(\1500)

 ばQです。なんだか、最近どんどん模型の極北に突き進んでいる気がします
 エアフィックスの1-11をエアリンガスで作り、こちらをライアンエアにするとなんか対立構造で面白くないですかね。
 ホントは737でやりたかったのですが、LUDの737用エアリンガス各地で品切れみたいなので。

 さて、次は本町のホビーランドです。
 本町は「ほんまち」って読むんですね。大阪の「○○町」っていう地名は大概読みが「まち」ということを初めて知った東京生まれ。これに対して東京はだいたい「ちょう」ですな。
 さて、ホビーランドですが、以前一回行ったとき、なんだか御堂筋線より谷町線の駅の方が近かったので、谷町線のなんば駅に向かおうとしたのですが…

 歩いても歩いても着かない罠

 東京だったら、この間に一本地下鉄通すぞ?普段立ち仕事はしていても、遠距離は歩かないから荷物持ってるとキツイですな…時間も読めないし。こんなにかかるなら御堂筋線で行った方が明らかに近かった…

 というわけで、レオナルドには10分いたのに、ホビーランドは5分少々しか滞在できず。よよよ

 とりあえずこれ買った
Pr9
 エクストラキット(Hannants)BAC CanberraPR.9

 ハナンツさんがMPM?のキットにイラク戦争のデカールを付けて出してくれたキットです。
 東京では瞬殺っぽかったので、見つけて嬉しいこの一品。

 あとは大慌てで見たエアライナーデカールを少しだけ買いました。

Decal

 B757用ブリタニアと、767用レジャーエア

 そろそろエアライナーデカールもマイナーなところが集まってきて、もういいかもという感じです。

 さて、なんばでの移動で時間を食われたので大急ぎで梅田に移動、待ち合わせ相手のれーか嬢、剣嬢、たくと嬢と合流。
 JRで天満に向かいます。
 天満の駅で更にうずら嬢、日影氏の2名を加え、行ったところがれーか嬢お奨めするところのベルギービールの店(とオレは認識してます)DollDressです。
 天気が悪いので日こそ出ていないものの、まだ普段ならブカツやってる時間からビールという悪い大人の集団でございます。お値段は平均的なところです(←普段お買い得なところで呑みすぎ)が、敢えてフォントを太くして言いたい。

 この店のおでん(500円)最高。

 ネタの数も多いし、味付けが実に好み。食べ放題と書いてはありましたが、最初の一回でもう大満足です。
 馬鹿話に夢中になって次の予定の都合上おかわりする時間がなくなったというのが大きいですが。

 とりあえず軽く聞こし召した状態で新大阪に向かい、更に北条さんと氷華嬢の他、歌古嬢、CSさん、おーつか氏、のイベント組を迎えてこの集まりの行きつけである某ホテル下の居酒屋へ。
 飲み屋好きとしては店名も出せないようなどうってことない店ですが、何と言っても安いし、割とダラダラと(あるいはバクバクと)呑み食いしていても大丈夫な店なので、細かいことはこだわらずさらなるバカトークに興じます。
 正直言って昨年暮れの同人誌の打ち上げと言っても過言でない面子でしたが、うっかり日影さんの分の本を持ってくるのを忘れたことホントに済みません。住所もう一回送ってくれれば急送します(←直接言え)
 全員イイ感じに回ってきたところで某PBM会社次回作の参加マニュアルを見せてもらって、巻頭の地図見ただけであまりのエセ中華っぷりに即返したり、某氏を大航海時代オンラインに強力に誘ったり次回のコミケで発刊する同人誌のタイトルを考え…なかったり、密かにオタ旅行の計画を練ったり、飲んべえだけで固まって焼酎をおかわりし続けたり(その割には酔わなかった)隅っこの方ではなんかPSPでモンハンとか、わざわざ来た甲斐はある良い酒席でした。(え
 一緒に呑んでくれた皆さんどうもありがとう。色々いただいてしまってすみませんでした。
 その後カラオケ。オタカラって楽しいのう。
 しばらく歌ってなかった「カモン!アステカイザー」いつもの「カバトットのサンバ」など大いに歌って宿に入ったのは12時近く。
 うっかりLANのない部屋を取ってしまったので、すぐ寝るしかなかったのが残念。
 酔っぱらいの指でW-Zero3を使って更新とかチャットとか無理ですよ

 翌日は神戸に向かうのでした。(たぶんつづく)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/40046515

この記事へのトラックバック一覧です: 関西行ってきた話(その二):

コメント

コメントを書く