« 完成目前…疲れた DC-10-30(その8) | トップページ | いよいよ明後日 »

2008.05.14

ベルジアンダグラス、完成! DC-10ー30(その9)

 取り急ぎ画像中心で失礼します。
 体調とか仕事とか、イロイロしわ寄せが来てるので…
 全身筋彫り&機首周りのプロポーション変更、あとは足回りやアンテナなど厚かったり太かったりするところを作り直した以外は皆目の素組みです。

Dc1030_15

 今となっては古めかしささえ感じるDC-10ですが、このむやみに大きな翼面とか、三発機というフォームファクターといい、むしろSFチックとすら言えるカッコヨサがあると思います。
 1/144か、あるいはもっと上のスケールで作ったら更に迫力が出るでしょうね。

Dc1030_17

 サベナのDC-10は全機が貨客混載型だそうで、されば胴体前部の左舷側にでっかい貨物ドアがあるはずですが、OO-SLBの写真を見ても確とは見受けられません。だから彫ってません書いてません。

 画像は右舷側なので当座は言わなきゃスルーなのですが、一言で言うと

 ようわからんから

  ということです。 

Dc1030_19

 ここ数年、72の単発機とかB737とか、小さめの作品ばかり完成させていた(最大で72のボーファイター)もので、1/200とはいえワイドボディ機のヴォリュームには思わず笑みがこぼれちゃいます。

Dc1030_18

 ベルギー国旗の手書きは作業も仕上がりも辛かった…枠はデカールなのですが、枠に収めるのも案外大変で。
 適切な色のデカールを四角く切ってつなぎ合わせれば良かったと気づいたのは上の行を書いた瞬間。
 「事後諸葛亮」(=下司の知恵は後から出る)と言う言葉を毎年思い知らされるゑびすラボの作品です。

 まあ、顧みてBlogを書くという段階を踏んでいなければ、そういう後知恵も出てこないのかも知れませんね。

Dc1030_20

 会場では、写真の背景に使ったカラーボードをA4サイズに切っただけのお手軽手抜きベースでご披露いたします。
 作業できるのは今夜まで。小さいアンテナを植えるなどもう少しディテールアップするか、グロスクリアでもう一手間かけるか否か。荷造りと平行して考えましょう。

 天候が良くないからね…それが悩みどころです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/41199425

この記事へのトラックバック一覧です: ベルジアンダグラス、完成! DC-10ー30(その9):

コメント

(ほぼ)完成、お疲れ様でした!
今夜の作業は慎重にお願いしますね。
では、静岡で。

投稿者: Kazu (May 14, 2008 1:30:11 PM)

>>体調とか仕事とか、イロイロしわ寄せが来てるので…

うんうん(涙)お疲れ様でした。
でも、途中でロックオン作ってなかったっけ…w

言われるとおりSFちっくでカラーリングはポップでステキなエアラインですね。
完成おめでとうございます。

静岡ではまた親しみを込めてエビちゃんと呼ばせて頂きますよw楽しみにしています。

投稿者: magus (May 14, 2008 6:05:47 PM)

完成(ほぼ?)おめでとうございます。
エアライナーもいいですね。
実はSSTを持って行くことも考えたんですがあれは某ボーイング系の内装関係を作っている会社に進呈してしまったので無理でした。
静岡でじっくりと拝見させていただきますね。

投稿者: ヒロシ (May 15, 2008 10:39:58 AM)

コメントを書く