« (プチ更新にも程がある)737-500 デカール貼りたい | トップページ | 祝当選 日曜 東地区V-27a »

2008.11.05

酷道とピザと 房総模型店廻り(その2)

 二週間経っちゃった(てへ)。ちょっと早起きして更新します。

 (その1)はこちらです。

 さて、若干うさんくささの漂う看板の側に、車2台分ほどの空き地が。
 先客らしきワゴン車も停まっていたので、ここが駐車スペースでもあろうかと考えて周囲を見回してみます。
 しかし、周囲にあるのはどう見てもピザ屋ではない風情の飲食店と、その奥にある農家らしき建物のみ。
 看板はその奥を指し示していますが…?

Canpania1

 どう見ても農家です。倉の裏に積み上げられた薪が、冬の到来が近いことを感じさせますが…


 ここか!(視線を右に)


Canpania2

 やられたなあ。農家を改装してお店にしたのですね。
 テラス席なんかもあって、なかなかに小じゃれた感じです。
 おそるおそる入店してみますと中は結構広く、厨房にはきちんとピザ釜もしつらえてあります。
 先ほどの薪の山は釜のためだったんですね。
 うさんくさいとか思ってしまい大変失礼いたしました。

 ピザの他にパスタ、またデザートなども食べられるようです。
 とりあえず目を引いた、地産のトマトと豚を使った自家製ベーコンと4種のチーズによるピザをチョイスし、デザート用にスイーツ系のピザも小さい物をもう一枚頼みました。

 (゜Д゜)ウマー

 細かいことは言いませんが、薄いながら腰の強い生地が非常に好みです。具のトマトも久々に感心するような味わいで実にステキです。
 デザートも食後のコーヒーも大変おいしゅうございました。量的には普段の鯨飲馬食にとうてい及ばない注文数でしたが、ハートは腹一杯です。言うなればエアー満腹。
 お勘定的にも大変リーズナブルで(今回は一人2000円弱)、リトルプアなオレも安心。
 ご店主も実に感じの良い方で、何にも知らないで突然来店した不勉強(汗)な客によくして頂き、大満足の昼食となりました。

 お店のBlogはこちらです。村のピザ屋 カンパーニャ
 前述の通り地元千葉県民の身ですが全く知りませんでした。千葉Walkerに掲載されるようなお店だったんですなあ。

 立地が立地だけに、ここだけを目的に、というのは東京以西の方にはドライブとしてさえちょっとアレですが、ゴルフのついで、マザー牧場や海への行き帰り、上総アカデミアパークの失敗例を視察、房総ドイツ村に失望した、などの折にでも是非お立ち寄りあれ。
 今回は平日なのでゆったり食べられたものの、土日だと開店前から行列ができるようなお店だそうで。が、並ぶ価値はあると思います。このゑびすめが諸手を挙げてお勧めいたしますぞ。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/43017036

この記事へのトラックバック一覧です: 酷道とピザと 房総模型店廻り(その2):

コメント

うむむ、なかなか渋いお店ですな。
ピザ・フリークのワタシとしては、ぜひチャレンジしてみたいです。
今度の休みにでも行ってみます!

投稿者: Kazu (Nov 6, 2008 7:04:35 PM)

 Kazuさんこんにちは!
 ここのピザは実にサプライズなおいしさでしたよ。お店のblogの方に写真などもありますので様子はそちらで。
 房総はまさに紅葉の時期ですので、是非景色を楽しみつつおいで下さいまし。

投稿者: ゑびすどん (Nov 7, 2008 9:16:10 AM)

コメントを書く