« 二兎を追う者は… | トップページ | ACES STUDIO閉鎖だとか。 »

2009.01.19

疾風のごとく!

 表題通り、ものスゴイ勢いで制作中です。
 まあその「ラファール」だけに素早くネ。(誰が上手いことを言えと。)
 先週来平日は毎日4時間週末は土日とも丸一日それぞれバンドの指導した後、毎日きっかり1時間の製作です。やはり生活リズムの高密度化とテンションの上昇が要因なんでしょうね。

Rafale2

 といふことで、鋭意デカール貼り中にて候ふ。


Rafale6

 そういえばこのイタレリ1/72ラファールCですが、ひょっとするとこのブログを始めて以来初のフランス機、またジェット戦闘機の製作記事なのではないかという気がします。

Me2621
 (あ、作りかけでこんなのがありましたが

 さてさて、模型を作っていると色々なことを考えたり気付いたりするモノですが、ラファールという飛行機には色々とセンスがいい部分を見いだせます。曲線を大胆に生かしたシルエットやボディ周りのエロいグラマラスなデザイン、ついでにミラージュ2000そのままな尾翼(これがまた似合うんだ)とかツッコミどころもきちんと備えて侮れません。

Rafale5

 それでいて塗装は黒一色。今回は多少青?紫?という感じに見えたのでMrカラーのネービーブルーをビン生で吹いた後、スモークブラックを上からかけて黒くしてみました。あんまり下地青の効果はないっぽいですが

Rafale4

 その上のコーションや機番など、フォントからしてオシャレでムカツキますよ。
 憎いぜこのヤロウと思いつつもデカールを貼ってて楽しくなります。さすがですね。

Rafale7

 オマケに、これがまた横や正面から見たとき、つまり駐機状態でカッコイイように作ってあるのが素晴らしい。
 F-16とかもそうですが、上から見るとベタッとしてダサい飛行機が結構ありますが、商品を売り込むことから考えれば人が自然に見ることになる角度を重視するのは当たり前。EF2000はこの辺がちょっと物足りない。

 キットの指定は1992年ファーンボロ航空ショーの展示機らしいですが、自分がどこかの国の調達担当者だったらついうっかり資料請求とかしちゃいそうです。

 あとは小物を取り付け、細部の色を筆で入れツヤを整えれば完成です。汚しとかはいらないかと。
 やはり拙速に作って出来が悪いので、そのうち(、しかしミラージュの後で)積んでるレベルの1/48でも箱開けてみようかしら。つーか完成直前で何より嬉しいのは箱が捨てられることだったり…

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/43792313

この記事へのトラックバック一覧です: 疾風のごとく!:

コメント

ほほぅ、ゑびすどんさまも、ラファールの魅力にとり憑かれましたか。 カナード翼がまたなんとも、オサレな感じなんですよね。 EF2000もフランスがデザインを担当すれば、もっとかっこよくなると思うんですが。 とくに、インテークが箱形なのはいただけません>EF2000 つぎは、かならずM型を作って並べたくなりますよ、ゑびすどんさま(笑
F-16の名前がBlogmodelersで出るのは稀ですが、きわめてすばらしい機体だと思いますよ。 なにせわたくしかずは、ハセガワF-16A+を20機以上作りましたから。 何度作っても飽きのこないフォルムです。 まぁ、いろいろなバラエティがあるのも16の魅力なんですが。

投稿者: かず (Jan 21, 2009 6:47:32 AM)

 かずさんこんにちは!

 お返事遅れましてすみません、金曜日にちょっとした音楽祭に参加するためブログ放置しておりました。

 ラファールはM型もやってみたいです。実はレベルの1/144を開けて見たのですが、部品が細かくてもう死ぬ!と言う感じです。絶対制作中にパーツをなくすことでしょう。イタレリのM型はご存じの通り一緒なので、1/72の決定版が待たれますね。

 F-16も別に嫌いとかではなくて、水平面に平行に見ると実に格好いいんですよね。
 キットは5個ぐらい持っておりますが、ほとんど複座だったり、変な題材のものばかりです(笑)

投稿者: ゑびすどん (Jan 26, 2009 9:41:54 AM)

コメントを書く