« 干し草の山に針一本を求める | トップページ | HP-101 ニードルの話のその後 »

2009.04.15

ジャンボリノ制作中:ドイツレベル1/144 BAe146(その一)

 先日静岡に持っていこうかと書いたBAe146のお話。

Bae1461
 製作したい機体は英国王室専用機なんですが、独レベルのキットが146-200なのに対して件の機体は146-100なので改造が必要なのでありました。

Bae1462
 そこで、まず胴体を景気よく切り落とし

Bae1463
 窓埋め用の裏打ちとしてプラ棒を貼ってガイドにし

Bae1464
 「プロデューサー、作業遅いんじゃないですか?予定間に合いませんよ!」と言わんばかりの律子さんに監視されつつ、まず簡単そうな後部を接続、整形。機首部はコクピットフロアとか錘の仕込みがあるので改めて作業するのじゃ。

Bae1465
 窓埋めはゼリー状瞬間接着剤+硬化スプレー。単に埋めるつもりが思った以上の透明度。今回はやらないけど、窓のマスキングと窓枠表現の方法さえ解決すれば、これで窓の透明化も出来るんじゃないの?

 とりあえず4月当初でこんな感じで、今はもうチョイ進行してますが、単に面倒で記事アップしてなかったのでした。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/44676684

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンボリノ制作中:ドイツレベル1/144 BAe146(その一):

コメント

胴体縮小の工程良く分かりました
すごいかいぞうです 律子さんにも
お逢い出来ました あられちゃんと呼んでしまい
怒っておられたのではありませんか。

投稿者: あきみず (May 18, 2009 2:46:22 PM)

コメントを書く