« 静岡から帰還しました | トップページ | fgに登録いたしました »

2009.05.19

レポートの前に

 酔っぱらっていたとは言え、自分の発言はハッキリ覚えているのでここに再掲。

 「ニチモの30cmシリーズは、近所のため池、公園の池、用水路などで走らせ、グリースピットにマーガリンを適当に詰めた結果速攻沈没して泣くというのことを繰り返した後、絶望の余り爆竹で爆破する、というのが正しい遊び方」

 補足すると、ゑびす先生の場合は千葉市にかつて存在した海洋公民館の池で(丙型海防艦の実物が据えてあった)無数の艦船モデルを喪失しています。

 爆破する際は爆圧で砲塔が見事に吹き飛べば大勝利。

 ちなみに、ニチモの榛名は長谷川1/700のアップデートパーツとして使えるということを大人になってから知りました。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5066/45063088

この記事へのトラックバック一覧です: レポートの前に:

コメント

静岡ではお疲れさまでしたー

アレですね
「水没して泣く」というとこがミソですね。わかります。
でも、このご時世爆竹を売っているところは学校とPTAの御陰で大分無くなってますよ
僕が最後に見たのは癇癪玉程度ですし

花火で代用はききますか?

投稿者: うみぬり (May 23, 2009 12:43:31 AM)

 うみぬり君、コメントありがとうございます。
 確かに爆竹は売ってないですね…最近見なくなったと思ったら単に売らなくなっただけということでしょうか。
 火薬発火式のモデルガンとかもすっかり鳴りを潜めたようですし、困った世の中ですね…

 花火は1/35MM戦車の砲身の中に仕込んで発火させる(そして着火失敗してやけど&砲身融解)というのがアラフォー世代の誰もが通った道だと思うのですが、火炎放射戦車のキットは当時少なく、たとえばチャーチルクロコダイルは意外と高価なキットだったりしたのでそのあたりも自信がなくなってきました。

 ともあれ、時代の許さない遊びはやめておいた方がよろしいのだなあ、と思います、生徒指導部の職員として。

投稿者: ゑびすどん (May 24, 2009 10:10:32 PM)

コメントを書く