« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月12日 (土)

錬金術の修行方法 ~おわりに~

えらく長々と書いてしまいましたが、
これがヘラブナ流の錬金術修行方法になります。

私流ということはすなわち、
あまり銭っこを使わないようにし、
単アカでコツコツと上げていくやり方だったりします。

ゲーム内マネーだろうがリアルマネーだろうが、
大盤振る舞いで修行したろという方には、
もっともっと効率重視の方法があったりしますが、
そちらは私の専門外ですので、
こちらでの解説は割愛させていただきました。

最近チラホラと
商会内で錬金術を始めたいという方々が出てきて、
何か助言が出来たらと思ってましたので、
チャットだけでは語りつくせない分を
思い切ってここに書き記してみました。



ちなみに・・・

こうして書いていることが、
マゾい道への勧誘じゃないかというご意見もありましたが、
その思いは半分で、
もう半分は、やらない方がいいという警告だったりします。

今後の参考に、
もしくは諦めるきっかけになれば幸いでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

錬金術の修行方法 ~終盤その3~

R12で生産できるもの一覧


 錬金術改良実験台(要工芸12、ヴェネツィア)
  名工の大工道具40 錬金術のつぼ50 加工木材
 錬金術改良実験炉(要鋳造12、ロンドン)
  砂90 粘土60 石灰

 金箔飾甲冑の操作(要鋳造12、錬金術家具)
  金箔飾甲冑
 ギリシャ神の護符の操作(錬金術家具)
  ギリシャ神の護符
 ナイフの再生実験(要鋳造12、錬金術家具)
  金のはがれかけたナイフ
 加工鉄材を使った実験(要鋳造12、錬金術家具)
  加工鉄材



R12での主な修行方法


ここでまた新たな家具が作れるようになりますが、
修行という面からいえば全く関係ありません。

あとは、
ここで加わった上級錬金術のレシピとこれまでのやり方で、
上限のR13まで突っ走るのみとなります。


イングの場合、加工鉄材が手に入れやすいので、
これの実験で熟練を稼ぐのが楽かもしれません。

また、
金箔飾甲冑の操作も魅力的な実験ではあります。
高級鎧の装飾法レシピの入手が困難だったり、
素材のコストが高くついたりと、
準備が大変な実験ではありますが、
大成功した時に高価なものができたり、
それ以外にも刻印になる怪しい塊や、
別の実験で使う金のはがれかけたナイフなど、
何かと便利なアイテムに化ける実験です。





余談8:上級錬金術で稼ぐ方法


上級錬金術で生産できる品には、
PC相手に高額で売れるものが多々あります。

できたままをそのまま売って儲かる生産品としては、
上級錬金術の大成功でしか作ることのできない物である、
錬成鉄板、錬成ローズウッド板、
黄金の刀剣、黄金の短剣、金箔飾兜などがあります。

それに、大成功の生産品ではないものの、
アドミラルジュストコール、精製金箔飾甲冑、
それに純鉄の板金なども生産でき、
これらもまた比較的高値で売ることができます。

あと、金箔飾甲冑の操作で怪しい塊を作ろうとした場合、
塊ではなく白銀飾甲冑ができる場合があります。
この甲冑、
グランドケイマンやリマ、アンボイナに納入することができ、
開拓地の状況にもよりますが
1つにつき国家貢献勲記を7~8枚くらい貰うことができます。

多少手間をかけて、
生産物をこの勲記という形に変えて売れば、
遠回りですが儲けに繋がるかもしれません。


また、上級錬金術はこれまでの錬金術とは異なり、
生産でできた交易品が原価0になるという特徴があります。

素材の原価や手間などを考えると、
PC相手に商売するような儲けは望めませんが、
名産品判定のある売値の高い宝石も生産できますので、
こちらでは交易経験や名声を稼ぐことが可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

錬金術の修行方法 ~終盤その2~

R11で生産できるもの一覧


 錬金術実験台(要工芸11、ヴェネツィア)
  名工の大工道具35 ビーカー45 加工木材
 錬金術実験炉(要鋳造11、ロンドン)
  砂70 粘土45 石灰

 錬金術師のローブの改良(要縫製11、錬金術家具)
  錬金術師のローブ
 緑色の鉱石を使った実験(要工芸11、錬金術家具)
  緑色の鉱石30
 加工木材を使った実験(要工芸11、錬金術家具)
  加工木材
 青い鉱石を使った実験(要工芸11、錬金術家具)
  青い鉱石30
 赤い鉱石を使った実験(要工芸11、錬金術家具)
  赤い鉱石30



R11での主な修行方法


ここで、
R10よりも収容力の高くなった家具が作れるようになりますが、
家具の違いは実験の結果には影響しないようですので、
上級錬金術を全くしない人でなければ、
この実験台や実験炉のグレードを高くする必要はなさそうです。
上級錬金術で日々修行をしていると、
実験のたびに家具は激しく痛んでいきますので、
使い捨て感覚で簡易のものを置いていけばいいと思います。

また、
R10で記した家具作りでの錬金術修行ですが、
貰える熟練度と素材の価格で効率を考えた場合、
R11の実験台よりも
R10の簡易実験台の方がいいらしいので、
こちらにも適応はされないようです。


上級錬金術のレシピが増えるのは、
修行方法に大きく影響してきます。
主材料の入手方法が変わり、
準備する移動ルートなど、
何かしら違うことをするようになるはずです。
縫製があれば錬金術師のローブもいいですし、
青い鉱石の実験も刻印入手という意味ではおいしい実験です。





余談7:新たな刻印の入手方法


上級錬金術の生産物の中に「怪しい塊」というのがあり、
いくつかの実験においてこれができてしまうことがあります。

この怪しい塊はロットアイテムで、
使用することで以下の8つのアイテムいずれかに変化します。


火トカゲの刻印2
水妖の刻印2
地精の刻印2
風妖の刻印2
強化鋼の板金2
鋼の砲弾6
投石7
海魔よけの聖刻2


このように、
錬金薬液作りで使用する刻印が2枚ずつ貰えたりもします。
統計を取った方の情報によれば、
怪しい塊が4種類の刻印になる確率はそれぞれ10%、
つまり、
40%の確率で何らかの刻印が出るという計算になるそうです。

この怪しい塊をたくさん作り出すことができれば、
もう刻印の生産はしなくてよくなるわけですが、
安定して手に入るのはR12の金箔飾甲冑の操作からで、
それまではおまけ程度の入手になります。

しかし例外ができてしまいました。
それはR11の青い鉱石を使った実験です。
実はかつてこの実験でできる塊の数が異常に多かった時期があり
(恐らくはバグによるもの)、
後に修正が入って生産個数は減ったものの、
それでも、
同様の他の色鉱石実験では2個しか手に入いらない塊が、
青鉱石の時だけ8個手に入ってしまいます。

青い鉱石はリューベックの東で手に入りますし、
実験器具のやすりは原材料が鋼ですので、
これもロンドン界隈のみで作れます。
この実験を集中的に行えば、
以降は刻印の生産を全くしなくてOKになります。



(終盤その3に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

錬金術の修行方法 ~終盤その1~

R10で生産できるもの一覧


 復刻白銀飾甲冑(要鋳造5、ロンドン)
  白の錬金薬液8 白銀飾甲冑 学者のアミュレット
 豊穣の篭手(要鋳造8、アテネ)
  白の錬金薬液5 愚者の両手 太陽の護符
 ヌァザの手(要鋳造8、ダブリン)
  白の錬金薬液5 愚者の両手 ケルトの腕輪

 錬金術簡易実験台(要工芸10、ヴェネツィア)
  名工の大工道具30 実験用やすり40 加工木材
 錬金術簡易実験炉(要鋳造10、ロンドン)
  砂50 粘土30 石灰

 錬金術の帽子の改良(要縫製10、錬金術家具)
  錬金術の帽子
 タロットの操作(錬金術家具)
  錬金術師のタロット3
 胃薬の操作(錬金術家具)
  胃薬6
 ログウッドの操作(錬金術家具)
  ログウッド10
 平割(白)の成分調整(錬金術家具)
  平割(白)5



R10での主な修行方法


R6からR9まで、
修行方法が変わらないまま延々と続いてきましたが、
R10でようやく新しいやり方が2つ加わります。

1つ目は上級錬金術です。

錬金術家具で生産する下5つがそれにあたります。
生産には記してある素材のほかに、
実験器具と実験薬が必要になります。
実験器具は、
職人の教練書、熟練職人の教練書、実験器具の製法、
または自宅の錬金術家具のいずれかのレシピで生産し、
実験薬は、
各薬液と蒸留器、試験管を用いて自宅で生産します。

上級錬金術で貰える熟練度は実験1回につき1ずつですが、
例外としてスキルブーストしている場合などは、
1回の実験で2以上貰えることもあるようです。

実験が成功した場合はその結果に応じてもう少し貰えます。
当然のことながら
実験が大成功した時に貰える熟練度が一番多くなりますが、
これも実験の種類に応じてその数値はマチマチです。
全体的に見て、
装備品などスタックできないアイテムができた時が、
どうやら多くの熟練度を貰える傾向にあるようです。

この上級錬金術の実験をうまく活用することで、
熟練度を稼ぐことができます。
また、実験薬や一部の実験器具を作るときにも、
少量ではありますが熟練度を得ることができます。


2つ目は錬金術家具の作成です。

上級錬金術で使う家具は、
作成に必要なメインスキルが錬金術で、
サブスキルに工芸か鋳造が必要になります。
つまり、
この家具を作ることで錬金術の熟練度を稼ぐことができるのです。
ちなみに1回の生産で貰える熟練度は、
愚者鍛錬の大成功時よりも多かったりします。

簡易実験炉は粘土と石灰が必要になりますので、
無尽蔵に作るのは難しくなります。
なので修行には簡易実験台作りを利用します。
あらかじめ名工と実験用やすり(鋼から作成)をたくさん用意し、
木材たくさんと加工木材のレシピを持ってヴェネに乗り込み、
素材がなくなるまで家具を作っては処分という熟練稼ぎが可能です。

・・・とここまで見てお分かりだとは思うのですが、
加工木材のレシピだの、
名工をたくさん用意するだの、
準備段階で恐ろしく出費がかさむのに対し、
生産物はその場で適当に処分という修行方法ですので、
数百M~数Gの銭を消費したところで
何ともないような資産家でないと、
この効率重視で儲け無視の修行はできないかもしれません。

ということで、
基本はこれまでの金生産と愚者鍛錬、
そこに上級錬金術を加えた3本柱の修行になると思われます。





余談6:上級錬金術のコツ


上級錬金術で使用できる実験器具は全部で13種類ありますが、
各実験ごとに使える器具が決まっていたりします。
今のところ、
実験ごとに4種類ずつの正しい実験器具が設定されていて、
それ以外の器具を使って実験すると、
全くの無反応で終わってしまうか、
過剰反応で素材が消えるかのどちらかにしかなりません。

4種の正しい器具と4種の実験薬を用いて実験をすれば、
16通り全ての組み合わせにおいて実験成功の可能性があります。
ただし、
エフェクト付きで実験成功と出る希少な物ができる実験は、
この16通りの中の2通りだけしか存在しません。

今後、
新たな仕様や実験内容でこの法則は崩れるかもしれませんが、
実験ごとに成功する組み合わせが4×4の16通りずつ、
大成功はその中の2通りずつというのが
上級錬金術実験の法則のようです。


では、
具体的にどの器具と薬を使って何の実験をしたら
ベストな修行になるのでしょうか。

13種類の実験器具はそれぞれ生産で手に入れるのですが、
物によってその素材が手に入りやすかったり難しかったりします。
国籍、生産スキル、取引スキル、ファームの状況などなど、
その難易度は人それぞれになります。

また、
錬金薬液から作る実験薬にも同じことがいえますので、
主材料も含めこれらがどの程度手に入りやすいかを考えて、
やりやすい実験を行うというのも悪くはありません。

しかし個人的な見解なのですが、
素材の入手が困難であろうとも、
結果的に高値で売れる大成功品の作成を狙って行うのが、
楽しく修行できるコツではないかと思うのです。

R10であれば胃薬を頭痛薬にしたり、
タロットを金のタロットにしたりの実験が、
準備は大変でも楽しい修行になると考えています。



(終盤その2に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

錬金術の修行方法 ~中盤その2~

R7で生産できるもの一覧


 医神の神薬(要工芸7、アテネ)
  シャクヤク10 ジキタリス15 赤の錬金薬液2
 学者のアミュレット(ヴェネツィア)
  赤の錬金薬液5 エジプト女神の護符 旅人のアミュレット
 愚者の両足(ロンドン)
  赤の錬金薬液3 黒の錬金薬液3 愚者の両手
 復刻城砦騎士甲冑(ヴェネツィア)
  黒の錬金薬液5 城砦騎士甲冑 大蜘蛛の油1
 復刻遍歴騎士甲冑(ロンドン)
  黒の錬金薬液5 遍歴騎士甲冑 大蜘蛛の油1



R7での主な修行方法


素材が入手困難なものばかり追加で
修行用の生産にはなりません。

引き続き、金生産か愚者鍛錬になります。





R8で生産できるもの一覧


 ミダス王の船首像(ロンドン)
  金40 愚者の両手 王者の像
 黄金の両足(要鋳造7、ロンドン)
  白の錬金薬液15 愚者の両足 神聖文字の護符
 復刻近衛騎士甲冑(要鋳造2、ヴェネツィア)
  白の錬金薬液7 近衛騎士甲冑 旅人のアミュレット
 復刻黒太子甲冑(要鋳造3、ロンドン)
  黒の錬金薬液7 黒太子甲冑 メデューサの呪薬1
 復刻赤銅製甲冑(要鋳造2、ロンドン)
  赤の錬金薬液7 赤銅製甲冑 旅人のアミュレット
 放浪者のブーツ(要工芸7、アテネ)
  赤の錬金薬液3 叡智のブーツ アポロチョウのブローチ
 狩人の手袋(要工芸8、ストックホルム)
  黒の錬金薬液4 叡智のグローブ 神獣の御守り
 聖女のミトン(ファマガスタ)
  白の錬金薬液3 叡智のグローブ ベルベットのリボン
 セシャトのブーツ(要工芸7、ファマガスタ)
  黒の錬金薬液3 叡智のブーツ エジプト神の護符



R8での主な修行方法


魅力的な装備品もチラホラ作れるようにはなりますが、
修行として用いられそうな新たな生産は一切ありません。

R8からは「ふいご吹き」という称号が名乗れるようになります。
この称号によって金の大成功率が上がるらしいのですが、
実際どの程度上がるのかが定かではありません・・・





R9で生産できるもの一覧


 アヌビスの船首像(ヴェネツィア)
  金40 偉人の像 冥界神アヌビスのアンク1
 ラーの船首像(ヴェネツィア)
  金40 偉人の像 太陽神ラーの円盤1
 精製金箔飾甲冑(要鋳造5、ヴェネツィア)
  赤の錬金薬液9 金箔飾甲冑 学者のアミュレット
 テセウスの篭手(要鋳造7、アテネ)
  黒の錬金薬液4 愚者の両手 ミノタウロスの呪符
 ディアンのグリーヴ(要鋳造7、ダブリン)
  黒の錬金薬液4 愚者の両足 ダヌの祈り5
 導きの手袋(要工芸8、バレンシア)
  赤の錬金薬液4 叡智のグローブ 宝石細工の手鏡



R9での主な修行方法


R9からできる生産もまた、
修行には無関係のものばかりになります。
生産物どころか、
その素材の段階で一般的に目にしないものばかりなのも、
錬金術生産の特徴かもしれません。





余談5:愚者鍛錬の修行派、ロマン派、商売派


愚者の両手は現状、
鍛錬という形で防御力を上げることができる唯一の篭手です。
通常での防御力は12なのですが、
理論上はこれを100まで上げることができます。

しかし、
思いのほか鍛錬に失敗してしまうこの篭手、
100どころか3~40まで上げるのでも大変で、
かつ素材にも高価なものを用いるため、
市場では防御力の高いものは高値で取引されております。

防御力30程度から数十Mの価格になり、
40前くらいでバザーで取引できる上限50Mを上回り始め、
50を超えたら数百Mという価格が一般的な相場のようです。

防御100なんていったら恐らくとんでもないことになりますが、
錬金術師の中には、
この100の篭手を作ることを目指し
日々頑張っておられる方もいらっしゃるようです。

愚者の両手の鍛錬は、
1回成功すると防御力が1~5上昇します。
通常の成功なら1~3程度、
大成功なら5に近い上昇が望めます。

常に失敗の危険を抱えつつ高価な素材で生産するわけですから、
+1を10回で+10するのよりは、
+5を2回で+10として消滅の危険性を減らしつつ
高防御の篭手ゲットを狙いたいところです。

では、
生産の大成功率を上げるにはどうしたらいいのでしょうか。

錬金術の大成功率を上げる方法は3つあります。

まず、副官を主計長にすること。
これは容易だと思います。

そして称号をアデプトにすること。
これはR13ないと名乗れない称号なので修行中ならば無関係です。

そして「魔術師」のタロットを引くこと。

魔術師は3時間のタロット有効時間のうち、
3~4回、それも数分間ずつだけ効力を発揮します。
この時だけ大成功率が上がりますので、
ここで集中して生産を行います。

ただしこのタロット効果は、
どうやら成功が大成功になる確率を上げるだけで、
失敗が成功や大成功に変わるわけではないらしいのです。
実際に検証された方もいますし、
私も体感として失敗確率が減ったとは思えませんでした。

以上のことを考えると、
100の篭手を作りたいというロマンを求めてる人や、
高い防御力の篭手を売って商売したい人は、
このタロット効果を利用した方がいいのですが、
単純に錬金術修行のための生産だと割り切っているのなら、
生産できる回数とタロット効果は関係なさそうなので、
ここには拘らずにガンガン鍛えて、
ガンガン壊してしまえばよさそうです。

とはいえ、
せっかく高額で売れる愚者の両手なわけですし、
過酷でハイリスクな修行ですので、
ある程度の防御力まで篭手が消えずに残ってくれたら、
鍛錬をやめて誰かに売ってしまうのがいいかもしれません。

修行6、商売3、
そしてロマン1くらいの割合で重視しつつ鍛錬していくのが、
私の経験上のお勧め修行法になります。



(終盤その1に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

錬金術の修行方法 ~中盤その1~

R6で生産できるもの一覧


 金(ロンドン)
  貴重書5 硫黄5 銅10
 ダヌの祈り(要工芸3、ダブリン)
  ベラドンナ15 ジキタリス10 黒の錬金薬液2
 愚者の両手(強化)(要鋳造6、ロンドン)
  白の錬金薬液1 金10 愚者の両手
 月紋章のナイフ(ロンドン)
  白の錬金薬液5 象嵌のナイフ 月の護符



R6での主な修行方法


R6から修行方法が大きく変わります。
ここから2種類の今までより効率のよい修行ができるようになり、
これらは恐らく錬金術を極めるまで続けることになります。

1つ目は、
錬金薬液を使わない金の生産である「錬金術の発展」です。

あらかじめ貴重書をたくさん作成しておいて、
ストックホルム、リガで硫黄を、
リューベック、ハンブルグ、プリマスあたりで銅鉱石を買い、
銅鉱石を銅にしたところで、
ロンドンのジョンディーさん宅で金作りになります。
1回あたりの金の生産量は2、大成功で3なので、
使用する貴重書の量の半分弱くらいの金が生産できます。
ここで生産できる金は単価が高くなってしまうので、
売らずに残しておいて
2つ目の修行に用いるのがベストだと思います。

その2つ目の修行方法は「愚者の両手の鍛錬」です。

R4で生産できる愚者の両手は、
白い錬金薬液と金を追加することで防御力を上げることができます。
この生産で1回に貰える熟練度はR6で16、大成功なら24と
これまでの生産と比べたら飛躍的に高い数値になり、
楽々と修行できてしまうのです。

・・・といいたいところですが、
マゾ要素の高い錬金術修行において
そのような甘いものはありません。
まず1つ目の落とし穴として生産の失敗があります。
愚者の両手の鍛錬には、
成功、大成功、失敗の3つの結果があり、
この失敗になってしまうと篭手は消滅し何も残りません。
なるべく失敗しないような策をできる限りとっても、
体感で1~2割はこの失敗という結果になってしまうのです。
また、この生産に用いるのは錬金薬液と金です。
まず篭手を作るのに赤い薬液が10個、金が15個、
そして鍛錬するたびに白い薬液1個、金が10個ずつ減ります。
なのでここまで薬液を使わずに貯め込んできたとしても、
あっという間に消化されてしまうと思います。

恐らくここから先の修行の流れとしては、


刻印を作って薬液にする
 ↓
貴重書を作る
 ↓
貴重書、硫黄、銅で金を作る
 ↓
薬液と金で愚者の両手を作り鍛錬する


という作業の繰り返しになると思います。





余談4:金を自作でなく別ルートで入手


例えばロンドンとヴェネを何度も何度も往復して
貴重書を1000個作り、
そこに硫黄1000と銅2000を加えて金を生産しても、
大成功なしで考えて得られる熟練はR6で600、
手に入る金は400となります。

実際にはここに大成功時の増分が加算されますが、
熟練だけ考えると愚者の両手鍛錬40回分とほぼ同じで、
当然この鍛錬に集中した方が生産回数は格段に少なくなります。

なので貴重書作りや銅鉱石叩きまくりから逃れて、
金は別ルートで入手して
生産は薬液と愚者鍛錬のみという修行も考えられます。

というわけで、
錬金術じゃない金の入手方法を考えてみることにします。

金は黄色い鉱石から鋳造で生産できたりもします。
しかしこの方法だと大量に手に入れるのは厳しいので、
やはり貴金属取引を生かしての買い付けが
大量に入手する最良の方法となります。

ヨーロッパから近い場所だと
アフリカ西岸アビジャン、サンジョルジュ、
中米ヴェラクルス、マラカイボ、
南米リオデジャネイロあたりです。
ここいらから買ってくるのが一般的だと思います。

しかし、
鋳造スキルが13あるのなら、
砂金をハバナ固定レシピで金に変えるという方法もあります。
サンティアゴとジャマイカを行き来して砂金をたくさん手に入れ、
それをハバナで金にして大西洋を渡って帰ってくる、
これが金銭的にもカテ的にも一番お得だと思われます。

ちなみに、
セビリアリスボンあたりの商会ショップで売られている金は、
こうして手に入れる金の3~4倍程度の価格になりますが、
経費を節約せず効率を重視したい場合はこれも活用できます。



(中盤その2に続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »