« 思い出の漁船 その4 | トップページ | フリースタイル漁船 2 »

2010年2月 6日 (土)

フリースタイル漁船 1

Tarukaisen

「樽廻船」


上方から江戸に酒樽を運んでいた
ジパングの貨物船。

大航海時代オンラインにおいては、
菱垣廻船の上のランクに位置付けされていて、
南蛮貿易優遇スキルを付けての貿易用、
または副官や複アカなど、
追従オンリーの低速大容量船として
主に用いられている。

が、入手するのが大変だったり、
乗船レベルの高さがあったりするので、
近い性能で諸々の条件が緩い
菱垣廻船の方が重用される傾向にある。


・・・と、ここまでが一般的なお話。

今回私は一般的な使われ方を完全に無視して、
この和船をFS造船で新造&強化し、
漁船にカスタマイズしていこうと思います。



基本強化方針(優先度順)

1.オプションスキルの調理室と工作室を付ける
2.帆性能は極限まで伸ばす
3.容量は帆性能などにペナが出ない程度に増量
4.旋回と対波は余裕があれば適当に強化
5.倉庫を含めその他の強化は特に行わない

この船にはオプションスキルとして、
南蛮貿易優遇、調理室、工作室などが付きます。
最大の特長は南蛮貿易優遇なのですが、
貿易用の船にしない今回はこれを完全に無視し、
調理室+工作室を狙います。

各性能の強化についてですが、
追従させるための船と割り切るのなら、
倉庫以外は全て犠牲にしても構わないので、
容量は最大限、強化は倉庫のみでいいのですが、
うちの場合は自身で乗るための船になるので、
帆性能、旋回、対波の強化を優先させます。
最大容量はペナを受けない程度に増加させ、
スキル付加に使用する以外には
パーツでの倉庫強化も行いません。
それでもかつての大容量船であった、
+18%商大クリッパーと同等になるので、
漁船には充分すぎる大きさです。

最後に専用艦スキルで投網を付けて釣りスキル強化。
料理も調味料も作成効率アップ。
大容量で大漁でもばっちり。
そんな高性能マグステ工船を目指します。





☆1

造船場所:長崎

Taru1

造船部品

船体:東アジア大型船体(耐久+60~+80、旋回0~+1)
主帆:大スクウェアセイル(縦帆-10~0、横帆+40~+50)
砲門:汎用大型砲門(砲門+2~+6)
兵装1:調理室(倉庫+2~+6、船室-4~0)
兵装2:貯蔵庫(倉庫+4~+8、船室-4~0)


強化性能

耐久:+60~80
縦帆:-10~0
横帆:+40~+50
旋回:0~+1
船室:-8~0
砲室:+2~+6
倉庫:+6~+14


船体は正月に福袋からうっかり出たやつ。
主帆は西洋の物でもOKということだったので、
今回は横帆重視のスクウェアセイルを使用。
砲門は何でも構わないので店売りの物。
パーツはwiki情報を参考にし、
調理室と貯蔵庫を入れての調理室スキル狙いです。


Taru1kekka

結果

オプションスキル:調理室
耐久:+70
縦帆:-5
横帆:+45
旋回:+1
船室:-4
砲室:+4
倉庫:+10


無事に調理室スキルが付きました。
情報を下さった先輩船大工の皆様に感謝。
強化値は全て平均値の上昇&下降でしたが、
唯一旋回だけはラッキーな方に転がりました。





☆2

造船場所:アンボイナ

Taru2

造船部品

主帆:大ラティーンセイル(縦帆+40~+50、横帆-10~0)
砲門:なし
兵装1:工作室(倉庫+2~+6、船室-4~0)
兵装2:貯蔵庫(倉庫+4~+8、船室-4~0)


強化性能

縦帆:+40~+50
横帆:-10~0
船室:-8~0
倉庫:+6~+14


長崎での☆2強化が無理だったので、
闇雲に東南アジアに移動。
適当に立ち寄ったアンボイナで強化可能だったので、
ここで強化してみました。
主帆は今回は縦帆強化でラティーンセイル。
パーツはこれまたwiki情報を参考にして、
工作室と貯蔵庫を入れての工作室スキル狙いです。


Taru2kekka

結果

オプションスキル:工作室
縦帆:+45
横帆:-5
船室:-4
倉庫:+10

トータル結果

オプションスキル:調理室、工作室
耐久:+70
縦帆:+40
横帆:+40
旋回:+1
船室:-8
砲室:+4
倉庫:+20


工作室も無事に付きました。
またもや先達に感謝。
強化値もきっちりと平均の数値を出しました。
平均から大きく変動することはないのかも?


(続く)

|

« 思い出の漁船 その4 | トップページ | フリースタイル漁船 2 »

コメント

FS造船の参考に・・・
し難い船を・・・(´・ω・`)

投稿: ヂッパ | 2010年2月 6日 (土) 午後 09時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリースタイル漁船 1:

« 思い出の漁船 その4 | トップページ | フリースタイル漁船 2 »