« ひとりサルベージ 前編 | トップページ | ひとりサルベージ 番外編 »

2012年9月30日 (日)

ひとりサルベージ 後編

前回の続きです。
今回は、引き上げ、曳航、そして調査について、
色々と解説したいと思います。





3.サルベージ

沈没船の位置を細かく特定したら引き上げ作業を行います。
測量スキルで座標を確認しつつその場所に移動し、
サルベージスキルを使用します。

沈没船がヒットしたら引き上げ作業が開始されます。
進行度合がパーセントで表示され、
100%達成で引き上げ完了です。

Solosalvage5

1回引き上げるごとに大成功、成功、失敗の判定があり、

成功:進行度のパーセントが上昇、船体にある程度のダメージ
失敗:船体に大きなダメージ、場合によっては船員の落下
大成功:ノーダメージで成功時の約2倍の進行度上昇

となります。

サルベージに時間がかかってしまうと、
「長時間のサルベージで船員が疲労しています」と表示され、
引き上げ失敗時にロープが切れてしまうことがあります。
このタイミングでサルベージは強制終了し、
最初からやり直しとなります。

なので1回1回の進行度上昇率は大きい方が望ましいです。
あまり上昇しない場合は、
引き上げ場所を改めるか船員を増やすかして、
サルベージをやり直した方がいいと思います。

私自身の感覚で言うならば、
1回で2桁%ずつ上昇なら余裕、
7%以上なら厳しいけれどいける感じ、
5~6%でギリギリいけるかどうか、
それ以下ならちょっと厳しいかもという感じです。

サルベージをやり直す時には注意すべきことがあります。
1回引き上げを開始してしまうと、
地図の×印が正しい位置に常に表示されるようになりますが、
それと引き換えに見張り副官は何も言わなくなります。
なので、
これまでの副官を頼りにした場所の特定ができなくなり、
一度その場から離れてしまうと、
ヒントはこの×印だけになってしまいます。
やり直す時はそれまで引き上げていた場所の座標を
しっかりと覚えておいてください。

ちなみに、
サルベージスキルで沈没船がヒットする範囲は
中心から半径14~5くらい?の座標の範囲です。
スキルを使用してヒットしたらキャンセル、
少し移動したらまたスキル使用、を繰り返し、
引き上げできるできないの境目を探し出せば、
副官に頼っていた時と同じように中心を特定できます。
かなり面倒な作業になりますが。

また、わざと離れた場所で引き上げにくいサルベージをし、
引き上がりそうになったら中断するというのを繰り返すことで、
サルベージスキルの熟練稼ぎを行うこともできます。
ポイントが安全海域で港が近い場合なら、
船員や資材の補充も楽ですのでやる価値はあるかもです。





4.港まで曳航

沈没船の引き上げが完了したら港まで曳航します。
沈没船の☆の数が少なかったり、
港が肉眼で見えるくらいの近さだったりなら、
そのまま全速力で港に向ってもOKですが、
そうでない場合は曳航スキルが必須になってきます。

曳航スキルを使用していないとすぐ、
使用していてもある程度曳航していると、
途中で曳航しているロープが切れそうになります。

Solosalvage6

そうなったら一旦錨を下ろして船を止め、
ロープが安定するメッセージが出るのを待ちます。
しばらくすると「切れそうな状況は回避」となり、
更に待つと「曳航準備は完璧」となります。
港までまだ距離がある場合は、
この完全な安定を待って再出発するのが最善といえます。

万が一ロープが切れてしまった場合は、
その場所でもう一回サルベージを行わなければなりません。
この2度目以降のサルベージは熟練度も貰えず、
全くやる価値がありません。
できる限りロープが切れない状態を保って、
港に向かってください。

ちなみに、
曳航補助のオプションスキルが付いている船なら、
ロープが切れることはありません。

また天馬の羽根を使って、
一気に港付近まで飛んで帰るという裏技もあります。





5.沈没船の調査

沈没船を港に係留したら出航所に調査アイコンが現れ、
船内を調査することができます。

Solosalvage7

係留した沈没船は2度と曳航できなくなりますが、
一度どこかの港に係留してしまえば、
別の港ででもこのアイコンは出てきます。
つまり、沈没船を係留させた港は関係なしに、
調査はどの港でも行うことができるのです。不思議。

調査前には船倉とアイテム枠に空きがあるか確認します。
また、陸戦もあり得るのである程度戦える装備に着替えます。
陸戦が苦手な場合は、
頼れる仲間がいる場所まで移動し合流して調査、
または負けてもいい覚悟で、
盗まれちゃ困るものを持たずに調査という方法もあります。

Solosalvage8

沈没船内部には宝箱があります。
その数は沈没船の☆の数で決まっていて、
一部の例外もありますが、
☆1~3なら2個、
それ以上なら☆の数-1個あります。
中には鍵がかかっている箱もあり、
それを開けるには開錠スキルが必要です。

また、宝箱を開けたタイミングで、
船内に山賊が入り込んでくる場合があります。
陸戦というのはこの連中との戦いです。
完全に無視することも可能ではありますが、
攻撃を仕掛けられてしまうと逃げづらいので注意です。

全部宝箱を開けたら調査終了です。
冒険経験を貰え、
その船が発見物ならこのタイミングで発見となります。
これにて1隻のサルベージが完了となり、
また断片を使用して次の沈没船地図を作る作業に戻ります。





2回に渡っての長文になってしまいましたが、
以上がサルベージの流れになります。
一部例外もありますが基本的にはこれの繰り返しです。

艦隊を組んでのサルベージならば、
場所の特定方法が違ってきたり、
サルベージ、曳航の協力ができたりするのですが、
今回は私の1人寂しいサルベージ方法の解説ということで、
割愛させていただきました。



さて・・・

前編後編ときてもう終わりのように見えますが、
次回もう1回だけ番外編の解説を行います。
例外ともいえる沈没船であるところの、
「沈没幽霊船」と「海だけの地図」についてになります。

|

« ひとりサルベージ 前編 | トップページ | ひとりサルベージ 番外編 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとりサルベージ 後編:

« ひとりサルベージ 前編 | トップページ | ひとりサルベージ 番外編 »