« 苦行の末 | トップページ | ひとりサルベージ 後編 »

2012年9月29日 (土)

ひとりサルベージ 前編

ひたすらダンジョンに潜り続けたおかげで、
断片地図もかなり貯まり、
現在はそれを消化するためにサルベージツアー中。

うちの場合、
複アカでも誰かと一緒でもないので、
場所のヒントは地図と副官しかありませんし、
引き上げも自力のみでやらねばなりません。

今回はそんな私が如何にしてサルベージしているかを、
ざっと解説したいと思います。
一般的な方法(だと思う)なので、
サルベージ未経験、初心者の方は参考にしてください。
多分参考になります。なるんじゃないかな。





引き上げ時に用意するもの

・副官(担当は見張り)
・そこそこの資材
・サルベージスキル
・曳航スキル
・測量スキル
・修理スキル
(これらスキルは代替アイテムでもOK)
・視認、考古学スキル
(一部の沈没船のみ)


沈没船調査に必要なもの

・ある程度の船倉とアイテム枠の空き
・陸戦仕様の装備もしくは陸戦のできる仲間
・開錠スキル





1.沈没船の場所をざっくりと特定

まず断片を使用して地図を完成させます。
最初の頃は数枚で完成しますが、
沈没船の引き上げ数が増えてくると、
断片が26~30枚くらい必要になったりします。

地図が完成したらその地図を頼りにその海域に向かいます。

Solosalvage1 

沈没船がある海域と同じ海域群
(海域変動で同時に安全、無法になる海域の集まり)に入ると、
副官が上図のように反応し、
「この海域に目標の船が沈んでいる」とメッセージが出ます
(正確にいうと「海域」ではなく「海域群」です)。


沈没船のある海域でサルベージスキルを使うと、
「この海域に目標の船が沈んでいる」とメッセージが出るので
(こちらは「群」ではなく文字通り「海域」です)、
地図とこのメッセージを手掛かりにして海域を特定します。


※訂正

 海域群が同じで海域が違うときは、
 「この近くの海域に目標の船が沈んでいるようです」
 海域が同じ場合は、
 「この海域に目標の船が沈んでいるようです」
 とメッセージが出ます。
 沈没船のある海域はこのメッセージだけで特定できます。



沈没船と同じ海域に来たら沈没船の地図を表示させて、
その上をマウスカーソルでこすります。
うまく沈没船の位置をこするとができたら、
そこに赤い×印が浮かび上がります。

Solosalvage2

上図の場合は「ジブラルタル海峡」にいる時のみ
×印が浮かび上がります。

シップレックハンターの称号を名乗っていれば、
この印が間違いなく沈没船の位置になりますが、
通常は位置がずれてしまうことが多いので、
×印は目安程度に考えてその場所に向かいます。
ちなみにこの×印は、
地図画面を開き直すと別の場所に動いてたりしますし、
下手すれば陸上に現れたりすることもあります。

現場に向かう際には必ず副官を見張り担当にしておきます。
沈没船に近づくと見張り副官が近いこと知らせてくれます。

Solosalvage3

副官が知らせてくれる範囲は、
測量スキルで出てくる座標の数字でいうところの、
沈没船を中心としたプラスマイナス31~2くらいの場所です。
範囲は四角形ではなく円形に近い感じなので、
半径30くらいの円に入ると教えてくれるイメージです。





2.より正確な場所を特定

ここから正確な場所の特定に入ります。

引き上げを効率よく行うためには、
サルベージスキルランク、船員の数と練度と忠誠度、
そして沈没船のある位置までの距離が影響してきます。
特にランクの高い沈没船の場合は、
場所が遠いと全然引き上がってくれないので、
より正確に場所を特定しなければなりません。

まず、
測量スキルの座標を見ながら副官が騒ぐ場所の境目を探します。
副官は大体8秒に1回くらい反応するので、
副官が騒ぐ場所から外側に向かって座標1つ分移動して停止、
数秒待ってまた騒いだら移動、停止、といった感じで動き、
副官が騒がなくなる場所を探して座標を覚えておきます。

今度はその座標から縦方向または横方向にまっすぐ移動し、
円の反対側の境目の座標を同様に求めます。
縦の場合は緯度、
横の場合は経度が30~60くらい変化します。
その真ん中にあたる座標が中心の緯度または経度といえます。

Solosalvage4

上図のように横に移動した場合、
両側のX座標(経度)が15875と15925なので、
中心のX座標はこの中間の15900辺りだと推測できます。
同様に縦方向にも移動すればY座標(緯度)も判ります。

注意として、この特定作業中に
サルベージスキルを使用してはならないというのがあります。
沈没船にヒットして1回でも引き上げ作業を行ってしまうと、
それを中断したとしても、
副官はその沈没船の場所を教えてくれなくなるからです。

ちなみに、
沈没船のランクが低い場合(☆1~4くらい)、
シップレックハンターで位置がかなり特定されている場合、
複数人の艦隊で引き上げに向かってる場合などは、
ここまで正確に場所を特定する必要はなく、
中心と思われる場所で適当にスキルを使う感じでも、
苦労せずに引き上がることもあります。



長くなってしまったので次回に続きます。

|

« 苦行の末 | トップページ | ひとりサルベージ 後編 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとりサルベージ 前編:

« 苦行の末 | トップページ | ひとりサルベージ 後編 »