« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月31日 (土)

盗賊サルベージャ

3月はボーナスクエをやって過ごそうと思い、
ちとダンジョン生活から離れてみた。
で、そのボーナスクエ以外は何をしていたかというと、
盗賊のまま沈没船を引き上げまくっていた。

なぜ盗賊でサルベージなのか。
それは開錠を上げるため。

普段、東亜ダンジョンに潜っている時は、
ちょっと前にここに書いたこともあるが、
開錠スキルは書庫に封印している。
盗賊のくせして罠を回避できない状態にある。
無論、開錠の熟練も全く稼げていないので、
これを稼ごうと思ったら、
ダンジョンとは別にクエなり地図なり回す必要があるのだが、
アタクシの場合はそれが沈没船の宝箱を開けるという、
効率がいいんだか悪いんだかわからない方法を取ってみている。

ま、ダンジョン生活ではほとんど航海しないので、
航海しまくり生活に対する憧れも強かったりして、
サルベに走っているのかもしれない。

ただ、うちの場合、
沈没船の地図を破棄しない縛りでサルベしているので、
3~4回に1回は北極海に行かされる。
確かに航海したいとは思っていたけどなぁ・・・
遠いんだよなぁ・・・

でも、そんなこんなで今月は100隻くらい引き上げて、
開錠の熟練も、

あと半分でカンスト

錬成16まであと半分のところまできた。
このまま16を目指してみるか、
また封印してダンジョンに行くか、
来月からどうするかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

仏の側に眠りし財宝(NO.2)

仏の側に眠りし財宝(NO.2)

東亜ダンジョンアルバム埋めの、
第1弾、第2弾がいつのことだったかもう忘れましたが、
ようやく第3弾のご報告ができるようになりましたので、
ここに記しておきます。



高牆履

高牆履(上階層隠し部屋)



二又槍

二又槍(中階層隠し部屋)



入道者の法衣

入道者の法衣(深階層隠し部屋)



兵法三十六計

兵法三十六計(深階層隠し部屋)



残り6つはこちら



残すは紅毛城だけとなりましたが、
これはいつ終わるんでしょうか・・・
ま、今月はボーナスクエをやろうと考えてるので、
サルベやら伝承やらをして過ごそうと思います。
ダンジョン生活はまた来月からかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

北フラ用語辞典

定期船で移動中、
暇なので何となく作ってみました。
皆様、添削や追加項目などございましたら、
お教えくださいますようよろしくお願いします。



【北フランドル】

リスボンにある商会。略称は「北フラ」。
16番商館を所持している。
代表はむっぱー氏。
名前の由来は、
元々アムステルダムに商会があったことから。
後に名前をそのままにリスボンに移転している。


【うっこり】

不注意により失敗すること。
「-誤爆する」「-して清酒を水に転用する」


【うこる】

うっこりの動詞形。うっこりすること。
「今日もまた-・った」「商会長-・りすぎです」


【もいもい】

1.胃が動くさま。「別腹の動画見てたら胃が-動いてた」
2.フィンランド語の別れ際の挨拶の一つ。
3.北フラ内で用いられる別れ際の挨拶の一つ。
  「さよなら」、「お疲れ様」、
  「いってらっしゃい」などの意味を持ち、
  ログアウト時、離席時、
  キャラクターチェンジ時などに用いる。


【もい】

1.フィンランド語の出会った時の挨拶の一つ。
2.北フラ内で用いられる出会った時の挨拶の一つ。
  「こんにちわ」、「ただいま」、
  「おかえりなさい」などの意味を持ち、
  ログイン時、着席時などに用いる。


【櫛】

悲運の黄金櫛のこと。
沈没幽霊船から出るアイテムのうちの一つ。
むっぱー氏の唯一埋まっていないメモリアルアルバムの項目で、
サルベージを繰り返すむっぱー氏は、
悲運が出ない悲運という何とも矛盾した生活を送っている。


【黄金木節子】

北フランドル商会が飼っている、
リスボン16番商館の前にいる犬の名。
名前の由来は「黄金櫛」+「子」。


【かぼちゃ割り】

むっぱー氏が頭に被っているかぼちゃを割ること。
主に陸戦で勝利することで割ることができるが、
キャラクターのアクションで割ることもある。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

密かな楽しみの終焉

楽山大仏ダンジョンに拠点を移してから2ヶ月弱。
実はそこそこ順調にアルバム埋めはできている。
面倒な4つのうち3つまでは埋めることができた。
あとは上層の高牆履のみ。
「こうしょうり」でいいんでしたっけか、これの読み方。

そんな中、1つ哀しい出来事が起きた。
それは・・・






祝?カンスト


冒険レベルカンスト。



やってない冒険クエが山ほどある。
調査してない陸地もある。
伝承にいたっては全く手を出していない。
なのにカンスト。
これ以上冒険経験を増やすことができないという事実は、
やはり哀しいものがある。

ちょこちょこながら数値が増えていく感覚は、
嬉しくもあり楽しくもありだったが、
それもここまでということになってしまった。

次には現在83の戦闘レベルのカンストが控えている。
が、それよりかは先にアルバムが埋まって欲しい。
そう願う今日この頃。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »